ミセスCAのオン&オフ日誌

外資系エアラインCA・Vikiのブログ。コロナ禍スタンバイ中。

わたくしごと・こころ

子育て真っ最中のママたちへ【育児は育自】

子育て真っ最中のママたちへ 同じ方向を歩いていく、人の群れのなかに。 大声で泣きながら、なにか訴えている小さな子。 彼の手を引いて、ずんずん歩いていく若い母親。 おそらく3歳くらいだろうか。 言うことをきかない男の子に、イライラが募っている様子…

冬物をクリーニングに出し始めました

お題「#この1年の変化 」 冬物をクリーニングに出し始めました 頬を撫でる風は、まだ冷たいけれど。 確実に、春の足音が近づいている。 先日、冬物のセーターをクリーニングに出した。 まだもう少し着るつもりの数着を残して。 コロナ禍での生活も、はや一年…

人気ブログランキングのカテゴリーを変更しました

お題「#この1年の変化 」 人気ブログランキングのカテゴリーを変更しました 人気ブログランキングのカテゴリーを変更しました いまだ分断されたままの空 この1年の生活 わたしは、何者なのだ?(「アナスタシア」のグレブさん風に) 未来は神のみぞ知る【Cry…

コロナ禍2年目に思うこと【againstコロナ】

コロナ禍2年目に思うこと 最近、写真に写った自分の顔を見て愕然とする。 もちろん加齢のせいもあろうが、それだけではない。 生気がないというか、目が死んでるのだ。 死んだフナの目。 カメラに向かって笑顔を作ってはいるが、まったく冴えない。 コロナ禍…

会えない時間が続くから。2021年の抱負は「心が伝わる写真」が撮れるようになること。

2021年の抱負 みなさま、新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 新型コロナウイルスの影響で、いろんな活動が制限された2020年。 これまでふつうに行われていたことが、のきなみオンライン化されましたね。 授業も、…

コロナ禍を生きる〜わたしたちの春夏秋冬〜2020

コロナ禍を生きる〜わたしたちの春夏秋冬〜2020 夏が未練がましく去りゆくなか おずおずと 秋がやってきた 思えば 桜を愛でることもなく過ぎた春 吹き抜ける初夏の風も どこかよそよそしかった 降りしきる長雨は この世界をしとどに濡らして 乾くことのない…

継続は力なり

継続は力なり 知らず知らずのうちに。 ものごとに対するハードルを上げていることって、ありませんか? 毎朝、英語の勉強をする。 毎晩、ランニングをする。 1日に50回、スクワットをする。 かならず夜12時までには寝る。 ぜったい○キロ痩せる。 自分で決め…

コロナ禍…いかがお過ごしですか?【近況ご報告】

世界中を恐怖に陥れた新型コロナウイルス。 徐々に緩和へ向かっているとはいっても、まだまだ予断を許さない状況。 これをご覧になっているみなさま、お元気でお過ごしでしょうか。 どこの業界も、例外なくダメージを受けている。 職場、学校、家庭、そして…

私の【おうち時間】今まで、そしてこれから

お題「#おうち時間」 私の【おうち時間】今まで、そしてこれから みなさま、ごぶさたしております。 お元気でいらっしゃいましたか? およそ2ヶ月ぶりの投稿ですが、この2ヶ月で、世界はすっかり様変わりしてしまいました。 3月の頭まで、フライトしていたわ…

【役者】自分ではないだれかの人生を生きる

昨夜遅く、無事?に帰宅した息子。 はじめて死ぬ(演技をした)感想をきいてみた。 すごく重かったし、すごくつらかった。 そのシーンに入る前から、涙が止まらなかった。 終わってからも、しばらく引きずってしまった。 そうか。 実際に死ぬわけではなくて…

一年の計は一月にあり【年頭の誓い】

一年の計は一月にあり【年頭の誓い】 ブログをはじめて、約2年と2カ月。 ウェブ上で日記を書くなんて、それ以前には考えたこともなかった。 小学生のころ、鍵つきのダイアリーを買ってもらったことがある。 濃いピンク色をしたそれは、分厚くて頑丈で、う…

傷ついた分だけ、人は強くなれる【ピラティスで肋骨骨折して学んだこと】

ピラティスで肋骨を骨折してから、ちょうど1ヶ月半。 おそるおそる、レッスンを再開した。 「完全に骨がくっつくまでは3ヶ月ほどかかるけど、様子をみながら始めてもいいよ」 と、医師から許可がおりたからだ。 「くれぐれも無理をしないようにね」 と、同…

聖なる季節に出会った、空の上の天使たち【ANAのキャビンアテンダント】

聖なる季節に出会った、空の上の天使たち【ANAのキャビンアテンダント】 大阪に帰省するときはいつも、全日空さんのお世話になっている。 先月も、数日分の荷物が入った小型のスーツケースを、機内持ち込みにして搭乗した。 いつもなら何てことのない荷物の…

本年もどうぞよろしくお願いします【ピラティスで肋骨骨折・その後】

本年もどうぞよろしくお願いします【ピラティスで肋骨骨折・その後】 松の内も過ぎ。 新年のごあいさつをするには、遅い時期となってしまった。 前回の更新から、じつに三週間以上が経っている。 ブログに限ったことではないが、いちど間があいてしまうと、…

悲しみをやり過ごす方法

悲しみをやり過ごす方法 だれもがその胸に抱えている、さまざまな悲しみや苦しみ。 人はみな、ネガティヴな感情をやり過ごしながら生きている。 わたしの場合、それを癒やしてくれるのが宝塚歌劇。 どんなに現実がつらくても。 ひとたび、あのきらびやかな世…

人の親になっても、人は親の子である

母が入院して2年。 こんどは、父が入院した。 ふたりを見舞うため、東京から帰省した。 わたしはいま、家族のいない一軒家にひとり居る。 当たり前にあった、両親の笑顔。 つねに絶えなかった、にぎやかな笑い声。 この家にはいま、過ぎ去った思い出しかない…

梅雨空に願うこと

梅雨空に願うこと 月に一度の大阪帰省。 羽田空港で、伊丹行きの便を待っていた。 「広島行きは天候不良のため、これより天候調査を行います」 大阪に向かうわたしは、聞こえてくるアナウンスをBGMのように受け止めていた。 すると、近くに座っていた小さな…

悲しみとサヨナラする方法

悲しみとサヨナラする方法 人はいつだって 悲しみと背中合わせ 老若男女 強い人 弱い人 どんな人の背中にも 悲しみは宿っている 悲しみを見たくないから 人は悲しみに背を向ける だけどときどき悲しみは とてつもない重さで あなたを押し潰そうとする 背中の…

平成から令和へー新しい時代を前に思うこと

平成から令和へ 平成最後の日 まもなく、平成最後の日を迎える。 2019年4月30日。 そのとき、わたしはなにをしているだろうか。 なにをするにしても「平成最後の」という枕詞がつくようになった昨今。 平成最後の食事。 平成最後のお風呂。 厳密に、元号が変…

一枚のはがきが結んだ、目には見えない親子の絆

母が入院して久しい。 ひとりで暮らす父のもとへ、月にいちど帰る。 足がわるく、思うように動けない父。 もともと、家事は母に任せっきりな人だったから、帰るたび部屋は荒れ放題。 注意をするとけんかになるから、黙々と掃除をする。 昨日は探しものがあっ…

生涯ゴールド免許

生涯ゴールド免許 免許更新センターにて 昨年の暮れに、運転免許の更新に行ってきた。 5年ぶりの免許更新センター。 年末だからか?いつもより人が少なかった。 まずはカウンターで必要書類を記入。 その後、視力検査と写真撮影を済ませると、講習を受けるた…

【2018年】年の瀬に思うこと

【2018年】年の瀬に思うこと 年末カウントダウン ああ〜忙しい!時間が足りないわ! 宝塚歌劇「ファントム」の登場人物、カルロッタの台詞である。 オペラ座の支配人、アラン・ショレの妻であり、プリマドンナの彼女。 経営のたいへんさをボヤきつつも、今後…

ミセスCAのオンオフスイッチ【冬のステイ日誌】

ミセスCAのオンオフスイッチ おはようございます。 わたしはいま、フライトでヨーロッパの某都市に来ています。 こちらはただいま、摂氏8℃。 けさは霧が深く立ちこめ、窓から見える街の景色も、すっかり冬の色です。 琥珀色の屋根も、赤や黄色に色づいた木々…

3Kなどではない【不思議体験】

奇妙な体験をした。 となりの駅に用事があり、電車に乗った。 すいていたので、ひと駅だったが腰をかけた。 それは端っこの座席で、横にも向かいにも、だれも座っていなかった。 つぎの駅を知らせるアナウンスを聞き、立ち上がった。 すると、ふたつとなりの…

iPhoneデビューその後【Wi-Fiがつながらない問題】

iPhoneデビューその後 Wi-Fiがつながらない問題 スマホを、AndroidからiPhoneにかえて、はじめてのフライトに出た。 海外のホテルに着いて、Wi-Fiにつなごうとすると、なぜかいつものようにいかない。 さいわい、iPadのほうは接続できた。 スマホは、なにが…

機種変して思ったこと【AndroidからiPhoneへ】

機種変して思ったこと【AndroidからiPhoneへ】 iPhone 8 Plusに機種変更 モノ持ちのいいわたしが、五年以上使用した携帯を買いかえた。 機種変更するといろいろ大変そうだから、写真の画像が悪かったり動作が遅かったりするのを、見て見ぬふりをして過ごして…

ツイッターその後

ツイッターその後 おなじ趣味の人たちが、それぞれに好きなことをつぶやいて、和気あいあいと交流している。 すごい世界があったもんだ。 わたしはもともと機械オンチで、かつてはラインすらビビっていたクチだ。 フェイスブックだって、友だちから半強制的…

ツイッターはじめました

ツイッターデビュー 「皆もすなるツイッターといふものを、我もしてみむとてするなり」 フェイスブックを始めたときも、インスタを始めたときも、同じようなことを言っていた気がする。 SNSを始めるたび「土佐日記」を引き合いに出す時点で、古い女だと思う…

初心忘るべからず【ボーイング767 わが愛しき古巣】

初心忘るべからず【ボーイング767 わが愛しき古巣】 ANAの空港カウンターにて 羽田発、伊丹行き。 大阪に帰省する際には、いつも全日空さんにお世話になっている。 空港カウンターで、「できれば通路側か、おとなりのいない席を」とお願いしたら、まんなかの…

吸引力の変わらないただ一人のCA【引き寄せの法則?】

吸引力の変わらないただ一人のCA 知らない人から、よく声をかけられる。 世界中どこにいても、世界中の人から、声をかけられる。 わたしが急いでいようが、いまいが。 人は容赦なくわたしをつかまえて、なにかを尋ねようとする。 先日のこと。 急ぎの用があ…