ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

私の【おうち時間】今まで、そしてこれから

お題「#おうち時間

 

私の【おうち時間】今まで、そしてこれから

 

f:id:ciel114:20200513225042j:plain

 

みなさま、ごぶさたしております。

お元気でいらっしゃいましたか?

 

およそ2ヶ月ぶりの投稿ですが、この2ヶ月間で、世界はすっかり様変わりしてしまいました。

 

コロナ感染を恐れながらのハグ

 

2020年3月の頭まで、飛行機のなかで働いていたわたし。

 

新型コロナウイルスが取り沙汰されてからというもの。

隙あらば洗面所で手を洗い、ことあるごとに手指を消毒していました。

 

それでも、フライト終了後には、クルー全員とハグをしていました。

 

じつを言うと、握手をすることさえ怖いと思っていました。

 

日系の航空会社では、客室乗務員のマスク着用が認められていたくらいですから。

 

だけど欧米では、親愛の念や感謝の気持ちをあらわすため、スキンシップを避けて通ることが難しいのです。

 

うつるかも。うつすかも。

そんなことを思いながら仕事を続けているのは、つらかったです。

 

フライト無期限キャンセルのスタート

 

同じく3月の下旬には、年一のエマージェンシートレーニングが控えていました。

 

事前に自宅でウェブトレーニングをしながら、本国での訓練に備えていましたが、二転三転をくりかえした結果、すべてのスケジュールが消えてなくなりました。

 

そこからです。

世界が音を立てて崩れはじめたのは。

 

これまでにも。

SARSや鳥インフルエンザなど、感染症のたぐいには、たびたび直面してきました。

 

そのつど注意喚起のための機内アナウンスもしてきたし、危機感をもって対応してきたつもり。

 

だけど今回のコロナウイルスに関しては、だれも何も分からない状態。

どう気をつければいいのかも不明だし、不安ばかりが募りました。

 

しかしフライトがなくなって、ホッとしたのもつかの間。

こんどは経営難により、会社の存続が危ぶまれる事態に。

 

国内線の一部を除いて、すべての路線がキャンセルになったいま。

空の青さだけが懐かしいです。

 

 

自宅待機期間が始まって

 

心に穴があいたまま、時だけが過ぎて。

その穴を埋めるように、日々の暮らしに集中してきました。

 

いつもより丁寧にお料理したり、ふだんは手をつけないところを掃除したり。

そうしていつのまにか、ブログから遠ざかっていました。

 

文章を書くというのは、自分と向き合う作業。

この2ヶ月間、自分の気持ちと対峙することができずにいました。

 

だけどきのう、みずから宣言(!)してしまったのです。

Twitterで、「明日、ブログを更新します」と。

 

ブログから離れているあいだ、心の拠り所となってくれたのがSNS。

なかでもいちばん傾倒したのが、Twitterでした。

 

ツイッターに救われる

 

ツイッターの特徴は、

 

ブログと違って、140文字以内で気軽にやりとりができること。

いろんな考え方の人がいて、狭くなりがちな視野を広げてくれること。

コアな趣味(タカラヅカ)について、とことんシェアしあえること。

趣味だけでなく、日々のささいな出来事についても交流できること。

 

自粛生活で身動きが取れないなか、こうして人とのつながりが持てる環境があることに、とても感謝しています。

 

今後の抱負

 

このままブログを書かずにいたら、ずっと書けなくなるかもしれない。

 

そんな危惧からアップした当記事ですが、これを機に、この2ヶ月のこと、これから先のこと、そしていつもの妄想癖などなど…

ゆっくりと更新していきたいです。

 

本日、5月13日は「愛犬の日」だそうです。

トップの写真は、おなじみチワワのシエルを近所の土手で撮影したものです。

今日は暑かったので、ヘェヘェしている顔です(笑) 

 

コロナ終息までは、まだしばらくかかりそうです。

 

早くまた、思いっきり笑える日がくることを祈りつつ。

心置きなくハグしあえる世界に戻るその日まで。

 

目の前にある幸せを大切にしながら、いまを生きたいと思います。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩


客室乗務員ランキング