ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。 フライトエピソードをはじめ、オフの日のあれこれ(おもに宝塚歌劇)について綴っています。

おすすめの本

男もすなる?おすすめ少女漫画【天は赤い河のほとり】

男もすなる?おすすめ少女漫画【天は赤い河のほとり】 けさ、友人のK美ちゃんから、興奮しきったラインが届いた。 「汗」の絵文字を多用しているところに、最上級のトキメキと戸惑いがうかがえる。 彼女は先日、お友達からある本を借りた。 名作中の名作、そ…

パーソナルカラー診断には、こんなにメリットがあります!【本当に似合う服に出会える魔法のルール】

パーソナルカラー診断には、こんなにメリットがあります! 今回は、パーソナルカラーについてお話しをしたいと思う。 「パーソナルカラーってなに?」 っていうかたに、簡単にご説明すると、 パーソナルカラーとは 色によって自分を客観的に分析してイメージ…

【水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦 2019】ってどうなの

【水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦 2019】ってどうなの 血液型をめぐる文化の違い 先日のフライトでのこと。 スチュワードのエミールが、ミネラルウォーターのペットボトルを整理していた。 無作為に搭載されていたそれらを、 南アルプスの天然水 サン…

【天は赤い河のほとり】もし、ユーリがラムセスと結ばれていたら【妄想パラレルストーリー】

【天は赤い河のほとり】もし、ユーリがラムセスと結ばれていたら 1.ヒッタイトを追われて 「ユーリ!ユーリ!気がついたか?」 「ん…。」 ここはどこ? 背中が焼けつくように痛い。 まだ焦点の合わない視線のさきには、見覚えのあるひとりの男の顔。 右目…

宝塚ファンにも そうでない人にも!ぜったいに読んでほしい傑作漫画【篠原千絵氏原作/天は赤い河のほとり】

宝塚ファンにも そうでない人にも!ぜったいに読んでほしい傑作漫画 天は赤い河のほとり ここのところ、古代ヒッタイト帝国に入り浸りだ。 宝塚歌劇 宙組公演「天は赤い河のほとり」を観劇してからというもの。 その主題歌が、頭から離れない。 2度目の観劇…

「天は赤い河のほとり」原作を読むには、楽天カードに入会するのがおすすめな件

お得な楽天カード 赤い河にハマってしまった 先日、ヅカ友のYさんからお声がけをいただき、2度目の観劇に行ってきた。 まさか、もういちどカイル皇子に謁見できると思っていなかったので、本当に嬉しかった。 初回の観劇帰りに、ヅカグッズが所狭しと並ぶシ…

コンビニ人間とは誰のこと【村田沙耶香氏作「コンビニ人間」によせて】

フライトが終わった さあ コンビニに行こう 開放的な足どりで 今日は何を買おうかと考える セブンイレブンが好きだ 商品は良いし 接客も心地よい 仕事は好きだけど いいことばかりじゃない どんな気分で訪れても 変わらずに出迎えてくれる 日本はコンビニと…

わたしを幸せにする41のルール 〜強く美しく生きるヒント〜

神崎恵さんが好きだ。 髪型も、メイクも、ファッションも。 その生き方、すべてが素敵。 いまをときめく美容研究家のひとりである神崎さん。 女性誌をはじめ、各種メディアで引っ張りだこだ。 わたしも、著書はぜんぶ持っているし、雑誌の特集があればかなら…

しいたけ占いって、実際どうなの

しいたけ占いって、実際どうなの 巷で話題の、しいたけ占い。 動物占いと同じで、エリンギとかマイタケとか、タイプ別にキノコのキャラクターがいるのかと思ってたけど、違うのね! てっきり、「エノキタイプとブナシメジタイプの相性は…」みたいな占いだと…

ベルばらフライト【池田理代子氏原作/ベルサイユのばらによせて】

ベルばらフライト 横文字の名前 外資系の航空会社に勤めていて楽しいもののひとつ。 それは、横文字の同僚の名前。 むかし学校で習った、歴史上の人物。 テレビや新聞で見る、外国の有名人。 マンガやアニメの登場人物。 彼らと同じ名前を、実際に口にする日…