ミセスCAのオン&オフ日誌

外資系エアラインCA・Vikiのブログ。コロナ禍スタンバイ中。

ベルばらフライト【池田理代子氏原作/ベルサイユのばらによせて】

ベルばらフライト

 

E6051AE9-97DB-47CD-8829-9ACDCFD5627D.jpeg

 

ヨコモジの名前

 

外資系の航空会社に勤めていて楽しいもののひとつ。

それは、横文字の同僚の名前。

 

むかし学校で習った、歴史上の人物。

テレビや新聞で見る、外国の有名人。

マンガやアニメの登場人物。

映画やドラマの主人公。

 

彼らと同じ名前を、実際に口にする日が来るなんて。

子どものころは、思ってもみなかった。

 

フレミングの法則

 

新人訓練の教官の名前は、フレミングだった。

教官の名前を呼ぶたび、頭のなかで「電、磁、力」と唱えている自分がいた。

左手が動きそうになる衝動を、必死でおさえていた。

 

人命救助するアントワネット

 

エマージェンシートレーニング (緊急保安訓練)を一緒に受けたクルーのひとりが、アントワネットという名前だった。

名札に「Antoinette」と書いてあったが、フランス王妃の名を軽々しく呼ぶなんて、おそれ多いような気がした。

本物のアントワネットは、人からお救いされることはあっても、だれかを助けることはないだろうな、たぶん。

 

ベルばらキャラが勢ぞろい

 

あるフライトでは、同じギャレー(台所)で働いたクルーの名前が、マリーアンドレアランだった。

 

まんま、ベルばらやん!(笑)

 

わたしを除いた全員が、少女まんがの金字塔「ベルサイユのばら」に出てくる人物の名前。 

興奮して、さっそくみんなに説明する。

 

マリーは、フランス王妃マリー・アントワネット。

アンドレは、主人公オスカルの恋人。

アランは、オスカルの部下である。

 

みんな自分の名前が、日本で人気のマンガのなかで、それぞれどんなキャラクターとして描かれているのか興味津々。

 

アンドレ「オレはどんなやつなんだ?」

わたし「あなたは、男装の麗人オスカルの幼なじみで従僕」

アラン「オレは?」

わたし「下級貴族。衛兵隊員なんだけど、貧しくて支給された武器を売って暮らしてる」

アラン「はっは!勝ったな!貧乏でも、俺様は貴族で、アンドレは平民だ」

わたし「でもアンドレは最後に、オスカルの恋人になるのよ」

アンドレ「はっは!オレの方がいいな!」

(どんな会話w)

 

フライトの最後に、SNOWというアプリを使って集合写真を撮った。

わたしは良いあんばいに「盛れて」いたのに対し、もとから彫りが深い彼らは、ベルばらというよりアダムスファミリーみたいになってしまった(ゴメン)

 

ちなみに、オスカルという名前の人もいる。

だが、だいたいが小太りか固太りのおじさんだ。

  

池田理代子氏原作/まんが【ベルサイユのばら】

 

日本人なら、かならず読んでおきたい。

名作中の名作、「ベルサイユのばら」

 

池田理代子先生によるこの漫画作品は、アニメ化、映画化、舞台化、書籍化、グッズ化…

ありとあらゆる形態でもって、長きにわたって愛されつづけている。

 

こと宝塚歌劇団においては、昭和の初演大ヒット以来、いくたびも上演され、いまでは「至宝」とも呼ぶべき、代表的な演目となっている。

 

わたしは、すべてのセリフをそらで言えるくらいのベルマニアだが、見るたびに新たな感動がある。

 

オスカルとアンドレ

 

かつての雪組トップスター・朝海ひかるさんが主演をされたとき。

幸運にも、5列目で観劇する機会があった。

 

その日はたまたま、池田理代子先生がお近くの席でご覧になられていた。

先生の、そして先生の作品の大ファンのわたし。

おそれ多くも握手をお願いしたら、快く受けてくださった。

 

この手から…この神々しい御手から。

オスカルとアンドレが生まれたのだと思うと、心が震えるくらいに感動した。

と同時に、不思議な気持ちにもなった。

 

なぜなら、わたしのなかでは、彼らは本当に生きていて、架空の人物だという意識がなかったからだ。

それほど、このふたりの描かれかたにはリアリティがあるのだ。

 

「ベルサイユのばら」原作のすゝめ

 

将軍ジャルジェ家に跡取りがなかったため、男として育てられたオスカル。

子どものころからオスカルを見守り、惜しみない愛を注ぐアンドレ。

 

政略結婚のため、オーストリアからフランスに嫁いだマリー・アントワネット。

王妃アントワネットと禁断の恋におちる、スウェーデンの貴公子フェルゼン伯爵。

 

フランス革命前夜の、ふたつの愛を軸に描かれる壮大な物語。

「運命」ということばが、これほど似合う世界はほかにないだろう。

 

いままで読んでみたかったけれど、機会がなかったあなた。

「これから読んでみたい」と興味を持たれたあなた。 

ぜひ、通しで読んでみてください。

決して遅くはありません。

わたくしが、命に代えておすすめします。

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援のほどお願い申し上げます。 


人気ブログランキング