ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

ベルばらフライト

E6051AE9-97DB-47CD-8829-9ACDCFD5627D.jpeg

外国人の名前

外資系の会社に勤めていて楽しいもののひとつに、同僚の名前が挙げられる。

むかし学校で習った歴史上の人物や、漫画やアニメのキャラクター。

それらの名前を実際に口にするなど、子どものころは思ってもみなかった。

 

新人訓練の教官の名前は、フレミングだった。

先生の名前を呼ぶたび、頭のなかで「電、磁、力」と唱えている自分がいた。

 

訓練で一緒になったクルーに、アントワネットという人がいた。

フランス王妃の名を軽々しく呼ぶなんて、おそれ多い気がした。

 

ベルばらフライト

あるフライトでは、同じギャレーで働いたクルーの名前が、マリーとアンドレとアランだった。

 

(まんま、ベルばらやん!)

 

わたしを除いた全員が、少女漫画の金字塔【ベルサイユのばら】の登場人物の名前。

 

興奮して、さっそくみんなに説明する。

マリーはフランス王妃マリー・アントワネット。

アンドレは主人公オスカルの恋人。

アランはオスカルの部下である。

みんな、自分の名前が日本の漫画でどんなキャラクターとして描かれているのか興味津々。

 

アンドレ「オレはどんなやつなんだ?」

わたし「あなたは、男装の麗人オスカルの幼なじみで従僕」

アラン「オレは?」

わたし「下級貴族。衛兵隊員なんだけど、貧しくて支給された武器を売って暮らしてる」

アラン「はっは!勝ったな!貧乏でも、俺様は貴族でアンドレは平民だ」

わたし「でも、アンドレは最後に、オスカルの恋人になるの」

アンドレ「はっは!オレの方がいいな!」

(どんな会話w)

 

SNOW で写真を撮ったら、わたしは良いあんばいに盛れていたのに対し、彼らはもとから彫りが深いので、ベルばらというよりアダムスファミリーみたいになってしまった(ゴメン)

 

ちなみに、オスカルという名前の人もいるにはいる。

だが、だいたいが小太りか固太りのおじさんだ。

  

ベルサイユのばら

日本人ならかならず読んでおきたい珠玉の名作、ベルサイユのばら。

池田理代子氏原作の漫画で、宝塚歌劇においても繰り返し上演されている。

 

将軍家に跡取りがなかったため、男として育てられたオスカル。

子どものころからオスカルを見守り、惜しみない愛を注ぐアンドレ。

 

政略結婚のためオーストリアからフランスに嫁いだマリー・アントワネット。

アントワネットを愛してしまうスウェーデンの貴公子フェルゼン伯爵。

 

フランス革命前夜の、ふたつの愛を軸に描かれる壮大な物語。

運命ということばが、これほど似合う世界はないだろう。

 

読んでみたかったけれど機会がなかったかた。

「これから読んでみたい」と興味を持たれたかた。

「今さらジロー」と思っておられるかた。

決して遅くはありません。

わたしが、命に代えておすすめいたします!

 

詳しくはこちらから⬇︎⬇︎⬇︎ 

 

🌹人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援のほどお願い申し上げます。 


人気ブログランキング