ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

コンビニ人間とは誰のこと【村田沙耶香氏作//コンビニ人間によせて】

f:id:ciel114:20180523165315j:plain

コンビニ わたしのオアシス

 

フライトが終わった

さあ コンビニに行こう

 

セブンイレブンが好きだ

商品は良いし 接客も心地よい

 

仕事は大好きだけれど いいことばかりじゃない

どんな気分で訪れても 変わらずに迎えてくれる

 

日本はコンビニという文化を もっと誇っていいと思う

  

外国の機内食で疲れた胃に お蕎麦やおにぎりが沁みる

長距離フライトでボロぞうきん化したココロとからだが

時差もあいまって 目もあてられないくらいヨレヨレに

 

白玉団子に わらび餅

抹茶パフェに 水ようかん

和のスイーツは 頑張ったわたしを甘く労ってくれる

 

添加物を懸念する声も多いけれど

たまに食べるぶんには 問題ないのではないかしらん?

ガチガチの健康より ウキウキ感をとりたい時もあるよね

 

主婦なので ふだん割高なコンビニには行かない

でも行けば カゴいっぱいに爆買いするから

もれなく

「お箸は何膳にしますか?」

って訊かれる

ひとりぶんだなんて 恥ずかしくって言えない

 

コンビニ人間とは

 

芥川賞作家の村田沙耶香さんによる小説

【コンビニ人間】を読んだ

 

ふつうじゃない登場人物たち

奇妙で独特なストーリー展開

なんとも言えない読後感

 

軽いような 重いような

不思議でつかみどころのない内容

読み手によって評価が大きく分かれそうなお話

 

作品全般を通して

「コンビニのバイトは底辺」

といった描かれ方をしているけれど

わたしにとっては まぶしくてありがたい存在だ

 

飛行機では サービスをする側の人間だけど

コンビニでは サービスを受けていいのだから

ホステスさんたちがホスト通いするのと

あるいは同じ感覚なのかもしれない

 

のぞくたびに新製品が出ているのもいい

ところ狭しと並べられた陳列棚

その一糸乱れぬ整然さも

日本らしくて むしろホッとする

 

機械的とか無機質とか

とかく否定的な表現をされがちなコンビニだけど

そこに安堵を見いだす人間だっているのだ

 

わたしもある意味 コンビニ人間なのかもしれない

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンビニ人間 (文春文庫) [ 村田 沙耶香 ]
価格:626円(税込、送料無料) (2019/6/24時点)

楽天で購入

 

books.rakuten.co.jp

 

 

✈︎人気ブログランキングに参加しています。

⬇︎ よろしければ、ポチッと応援お願いします ⬇︎


人気ブログランキング