ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

おいしいマジパンは存在する(本気と書いてマジ)/マジパンは美味しくないと思っている人へ

プリンセスケーキが引き寄せた再会

 

フライトから日本へ帰ってきた。

帰国便に乗務する前に、なつかしい人と再会した。

 

ステイ先のホテルから空港までは、クルーバスが運行している。

車内では、さまざまなデスティネーションに旅立つクルーと同乗する。

アメリカに向かう人、中国へ飛ぶ人。

同じ便でなくても、同じ会社の人間同士。

かならず握手であいさつをする。

「ハーイ!」

「ハロー!」

 

そのうちの一人が、アレクサンダーと名乗った。

空港に着くまでの間、わたしは彼と隣で、たわいもないおしゃべりをしていた。

おだやかで人なつこい話しかた。

すらりと背が高くて、甘く端正なマスク。

この人、どこかで会ったことがある…

 

「あっ!」

わたしは思わず声を上げた。

「あなた、もしかして機内食のケーキを4個食いしたアレクサンダー?」

それを聞いていた他のクルーがブッと吹きだした。

アレクサンダーは恥ずかしそうに、でも嬉しそうに

「そうだよ!僕だよ!また会えて嬉しいよ」

と弾んだ声で言った。

 

うしろの座席に座っていたパイロットが、

「覚え方!(笑)」

とつっこんできた。

だって、ものすごいインパクトだったんだもの。

ひとつでお腹いっぱいになるようなケーキを、ひとりで4つも平らげたのだから。

 

今でも、最低2個は食べているらしい。

なぜ太らないのか永遠の謎だが、プリンセスケーキはおいしいものね。 

 

わたしも久しぶりに食べたいなぁ。

と思っていたら。

本日のデザートがプリンセスケーキだった!

偶然って重なるのね。

こういうのも引き寄せっていうのかな?

しかも、初めて見るグリーン!

プリンセスケーキをウォッチし続けて、一年と数ヶ月。

やっとめぐり逢えた、基本のカラー。

 

f:id:ciel114:20190707165117j:plain

王道のプリンセスケーキ

 

プリンセスケーキといえば、最初は黄緑色をしていたらしい。

それが赤や青など、いろんな色で作られるようになって、いまではすっかりスウェーデンの国民的スイーツだ。

 

f:id:ciel114:20190707173517j:plain

スウェーデンのスーパーで見つけたプリンセスケーキ


外はマジパン、中はクリームとスポンジ。

マジパンは、ヨーロッパではとてもポピュラーなお菓子である。

ケーキやチョコレートに使われている確率が非常に高い。

だが日本人には、マジパンが苦手な人が多い。

わたしも例に漏れず、デザートにはマジパンが入っていないものを選ぶようにしてきた。

だけどこのケーキは別。

あえて選ぶくらい、好きになってしまった。

 

アレクサンダーの便にも、同じものが載っていたのだろうか。

そして、今日は何個食べたのだろう。

彼も無事フライトを終え、世界のどこかで楽しい時間を過ごしていることを祈る。

 

 

www.ciel114.com

 

 

✈︎人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックを頂けると励みになります!

 


客室乗務員ランキング