ミセスCAのオン&オフ日誌

外資系エアライン現役CAのブログ。 フライトエピソード・宝塚・ワイン・コスメ・ジュエリー等について書いています。

外資系航空会社における日本人乗務員の役割、そして醍醐味

外資系航空会社における日本人乗務員の役割、そして醍醐味

 

f:id:ciel114:20180524184933j:plain 

日本人CAがもっとも忙しい季節【夏】

 

ナッツが来っるぅ〜♪ きっと夏が来っるぅ〜♪

 

今年もはじまった、観光シーズン。

平素はビジネス客がほとんどを占める、弊社の機内。

ヨーロッパがいい季節になると、観光客の割合がグーンと増える。 

ビジネスマンは英語が話せるし、乗ってから降りるまでの大まかな流れを理解しているので、わたしの役割は、ほかの外国人クルーとさほど変わらない。 

しかし日本人観光客は、わたしひとりを頼りにしている人も多いので、あっちの通路こっちの通路と、パックマンみたいに移動することになる。

パックマンは、クッキーを食べてパワーアップするが、わたしたち日本人乗務員は食われっぱなしで、命がいくつあっても足りないくらいだ。

それでも最近じゃ、トラブルが起きても「オレに任せとけ!」とばかりに風を切って立ち向かう(男前!)

スキルが身についたのか、はたまた図太くなったのか←両方じゃろな〜

 

乗務員 VS 乗客・手荷物ウォーズ攻防戦

 

わが社では離着陸の際、すべての手荷物を上の物入れか、前の座席の下に収納していただくことになっている。

ひざの上や足元に置いておきたがる人もいるが、緊急脱出の妨げになるという理由で、それこそ「身ぐるみ剥がす」勢いで、すべての障害物となりうるものを取り除かなくてはならない。

日本の航空会社では、ひざの上に抱えていてもいいケースが多いので、なかには難色を示される人も。

 だが郷に入っては郷に従えで、ご利用いただくからには、こちらの決まりを守ってもらわないといけない。

わたしは日本人なので、少々厳しすぎると思いつつ、会社のルールにしたがって業務にあたっている。

そして今年もはじまった。

荷物を離したくない観光客 vs 片づけたい乗務員の、仁義なき戦い!

(ここで例のテーマソング)

 

チャララ〜チャララ〜♪

 

英語でペラペーラと言われて、カバンを取り上げられたら、たしかに「不信感」ですよね。

ご年配のかたなら、なおさらのこと。

いくら自分の頭上の物入れでも、「なんで?」って思われるかたがいて当然だと思う。

そのために、わたしが日本語でアナウンスを入れるのだが、聞いていない人の多いこと多いこと… 

なので、

「緊急時に備え」

「安全上の理由により」

「お足元の自由を確保するため」

という文言を、おひとりおひとりに説明して分かってもらう。 

でないと飛行機を出すことができない!!! 

わたしはときどき、自分が「追い剥ぎ」になったような感覚におそわれることがある。 

それほどわが社は、安全面に関してうるさいのだ。

 

ある日の出発前のエピソード

 

「荷物を離してくれない日本人客がいるから助けて」

先日も、クルーに救援を頼まれた。

お客さまのお座席までうかがって、事情を説明する。

だがその年配の男性は、小さいバッグをヒシと抱いて、かたくなに拒否される。 

さいわいビジネスクラスは、前の座席下が広く、収納スペースとしても使用可能なため、その最奥にお納めいただくようご提案した。 

すると、しばらく拒絶反応を示されていたお客さまが、 

「そのバッグには、一億円が入っているからダメなんだ」

と、ボソッとおっしゃった。 

(イチオク…エン?) 

口角ひとつ上げないで、イチオクエン…。

日本人男性はとくに表情に乏しいので、真意を測りかねることがある。

しばらく我々を困らせていたので、まわりの目が気になられたのか、お客さまはわたしに「あんたがやっといて!」と言いのこし、お化粧室に行こうとした。

「しめた!」と思った。 

わたしは少し大げさに、 

「わたくしなんかが、イチオクエンに手を触れてよろしいんでしょうか?」 

と言ってみせると、近くの座席からは、どっと笑い声が起きた。

渦中のお客さまはというと、背中を向けたまま「あんたにゃ負けたよ」といった風にヒラヒラと手を振って、お化粧室に消えてしまわれた。

クルーから、「どうやって納得してもらったの?」と聞かれたので、(イチオクエン)の話をしたら、「あの無表情の紳士がそんなジョークを言ったのか」と驚いていた。 

その後も、このお客さまにはクルーがたびたび手を焼いていたが、そのつど呼び出されては御用聞きに伺っていた。

これをやりがいと取るか、厄介と取るかで、仕事内容はずいぶんと変わってくる。 

だれもが満足させられなかったお客さまに喜んでいただき、最後にありがとうなんて言われた日にゃ。 

飛び上がるほどうれしい。 

わたしは、根っからのサービス人間なんだなと思う。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。


客室乗務員ランキング