ミセスCAのオン&オフ日誌

CA主婦・Vikiのブログ。Welcome on board!

佐藤愛子/著【九十歳。何がめでたい】70代、80代の女性におすすめの本

佐藤愛子/著【九十歳。何がめでたい】70代、80代の女性におすすめの本

 

f:id:ciel114:20211203202854j:plain


病院で暮らす母に、本を送った。

『九十歳。何がめでたい』

直木賞作家、佐藤愛子先生のベストセラーエッセイだ。

 

書店の売れ筋ランキングコーナーにずっとあるので、ためしに手に取ってみた。

まず、字の大きさにビックリ!

この本の読者層が、瞬時に想像できた(笑)

 

読みやすさにまで配慮されているのが、人気の理由の一つであろう。

単行本に加えて、文庫本サイズもあるのがいい。

パラパラと見てみると、まあまあ面白そうだし、とりあえずレジへと向かった。

 

うちに帰って、さわりだけでも読んでおこうと、ページをめくってみた。

すると、これがめちゃくちゃおもしろい!

本を読みながら、声を出して笑うなんて、あまりないこと。

しかしこれは容赦ない。

思いがけず、「グハッ」とか「ブフッ」とか言っている自分に驚く。

すぐ母に送ってやるつもりが、わたし自身が読みふけってしまう羽目に。

 

【九十歳。何がめでたい】感想

 

佐藤愛子先生を、お年寄りだと侮ってはならない。

無防備に読んでいると、いつの間にやら心の中までどんどん入ってこられる。

なにげないエピソードの中に、笑いや涙やメランコリー、一抹の教訓まで。

けっして押し付けがましくないのに、オピニオンリーダーとしての矜持がちらちらと見え隠れするのもカッコいい。

 

なにより、読後感がいい。

綺麗事がほとんど書かれていないため、スッと腑に落ちる感じ。

読むだけで元気が出る本というのは、なかなか珍しい。

 

 

読み終えて母に送ると、数日後に電話があった。

「あの本、おもしろいわぁ〜。佐藤愛子さんの本、お母さん好きやわぁ〜」

あまりに楽しすぎて、いっきに読むのはもったいないから、少しずつ読んでいるそうだ。

 

「お母さん、『戦いやまず日は暮れず』って知ってる?」

「ああ、それはずいぶん若いころに読んだ」

「あ、そっちは『戦いすんで日が暮れて』だね。『戦いやまず〜』はエッセイみたいよ。また送ってあげるね」

 

読書家の母。

かつては、スタンダールやドストエフスキーなど、難しい小説もたくさん読んでいた。

認知症になっても、本を読むことだけは変わらずできるみたい。

 

わたしはさっそくオンラインで、『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』を注文した。

母に送る前に、自分でもまた読もう(笑)

 

f:id:ciel114:20211203202308j:plain

 

同じ小説家の、同じ本を読む。

それだけで、心がつながっているように思える。

あれこれ感想を言い合える幸せを、いまは感じていたい。

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。

 


日々の出来事ランキング