ミセスCAのオン&オフ日誌

外資系エアラインCA・Vikiのブログ。コロナ禍スタンバイ中。

男もすなる?おすすめ少女漫画【天は赤い河のほとり】

男もすなる?おすすめ少女漫画【天は赤い河のほとり】

 

友人のK美ちゃんから、興奮しきったラインが届いた。

「汗💦」の絵文字を多用しているところに、最上級のトキメキと戸惑いとがうかがえる。

 

彼女は先日、ヅカ友からある本(マンガ)を借りた。

名作中の名作であり、けっこうな長編なので、読みはじめるのに勇気と思いきりが必要とされる作品だ。

 

まとまった時間ができたのか、はたまた心を決めたのか。

腰を据えて読みはじめたのだという。

 

その作品の名は、「天は赤い河のほとり」

 

古代ヒッタイト帝国を舞台とした、カイルとユーリの時空を超えるラブストーリー。

わたしが心から敬愛する少女漫画である。

 

f:id:ciel114:20191113151106p:plain

 

さきに宝塚のお芝居を観てハマったあと、原作に手を出す。

わたしと、まったく同じ道すじをたどっている(笑)

 

わたしの場合、劇場で生の舞台を観ているので自然な流れだが、ブルーレイだけでもあの世界観に引き込まれるのに十分な魅力を放っているということか。

 

おもしろいのが、ご主人までもがトリコになってしまったことだ。

なにげなく手にとったが最後。

赤い河に、ズルズルと引きずりこまれてしまうからスゴイ。

 

女性は恋愛面をクローズアップしがちだが、立派な歴史物語でもある同作品。

男性が惹きつけられることにも、深く頷ける。 

 

楽天ブックスで「天は赤い河のほとり」を読もう♪ 

 

漫画家・篠原千絵先生の世界

 

わたしはかねてより、カイル王子はもちろん、エジプトのラムセス将軍の男っぷりの良さについても提唱している。

 

ラムセスが素敵すぎて、二次小説まがいの記事まで書いてしまったほどだ。

 

📕 【天は赤い河のほとり】もし、ユーリがラムセスと結ばれていたら【妄想パラレルストーリー】 

www.ciel114.com

 

原作者である篠原千絵先生の世界観は、ほんとうに美しくて素晴らしい。

 

いまわたしは、現在連載中の「夢の雫、黄金の鳥籠」を読んでいる。 

王子様、お姫様、臣下、帝国、野望、陰謀…

そしてもちろん、愛。

こちらも、宝塚にぴったりの壮大なお話。 

 

願わくばこの作品も、ぜひいつか宙組で上演していただけるのを、心からお祈りしている。 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックを頂けると励みになります。


客室乗務員ランキング