ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。フライト・宝塚歌劇・愛犬・ワイン・ジュエリーなどについて書いています。

ネットスラング使ってみた【イッヌ・ネッコ・草などなど】

ネットスラング使ってみた

 

ツイッターをはじめ、ネット上で使用される言葉にとても興味があるわたし。

いわゆるネットスラングと呼ばれるものだが、その最たるものが「イッヌ」だった。

 

「イヌ」と言えばいいものを、どうしてわざわざ小さい「ッ」を入れて発音するのか。

気になって少し調べてみると、はっきりとした定義はなく、なんとなくインパクトがあるので使われているとのことだった。

 

「イッヌ」

 

たしかに、すごくインパクトがある。

 

国語の文法的にいうと、このような変化を促音便化という(ちょっと違うけど)

促音便というのは、「ッ」を入れることによって、発音しやすくする便宜をはかるものである。

 

しかし「イッヌ」の場合、余計に言いにくくなっている感が否めない。

 

あえて促音便化?することで、得られるものはなにか。

 

わたしは、この言葉が実際に息づいている場所、ツイッターで発言してみた。

「どうしてTwitterの世界では、犬のことイッヌと言うのだろう?」

(どんな呟きや)

 

するとイッヌのほかにも、猫のことを「ネッコ」あるいは「ぬこ」、お布団のことを「オフトゥン」と呼ぶケースがあることが判明した。

 

この手の名詞における促音便化(そもそも名詞は促音便化しないのだが)について、独自の検証を行った結果。

どうやら、かわいいもの、愛しいもの、お気に入りのものなどについて付加されるニュアンスのようだ。

 

正しい使い方ができるかどうか、わたしは実践に移してみた。

 

うちのイッヌと息子

 

f:id:ciel114:20200518162831j:plain

 

すると、いただいたコメントのなかで「イッヌとムスッコさんがカワイイ」と、息子までもが促音便化する現象が起きてしまった(笑)

 

この日はお天気が良く、近所の土手に寝っ転がっていたという息子。

背中に、びっしりと草をつけて帰ってきた。

 

それを見たわたしは、

(それこそ「草」やな。)

と、ひとりごちてみた。

イッヌは使えるようになったけど、草は難易度が高い。

 

ちなみにうちのオットは、草が何を意味するのか知らなかったそうだ。

基本的に若者の間で使用されていて、ビジネスの世界で目にするものではないからだ。

 

ご存じない方に、ここで念のため説明しておこう。

 

文中で笑っている雰囲気をかもし出したいときに用いられる「笑」というのが、「w」というアルファベットの頭文字へと変化し、後にそれが草の形に似ているため、「草」という表現に落ち着いたようである。

 

手紙の結びに書かれる「草々」という言葉を、笑っているのだと勘違いしている若者が一定数いるという。

そのエピソード自体が「草」だと思う。

(こんなふうに使うはず。たぶん。)

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

愛犬シエルに応援クリックをいただけると励みになります。

 


客室乗務員ランキング