ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

わたしと飛行機【キャビンアテンダントの仕事】

今週のお題「わたしと乗り物」

 

わたしと飛行機【キャビンアテンダントの仕事】

 

f:id:ciel114:20190818123610j:plain 

 

わたしはCA(客室乗務員)

「乗り物」といえば、もちろん飛行機。

 

見るのも、乗るのも大好きだ。

そして、その中で働くことも。

 

生まれも育ちも大阪のわたしだが、両親はともに九州の出身。

父母の田舎に飛行機で帰省するのが、幼少期の楽しみだった。

 

飛行機の搭乗口でアメちゃんを配る人に、ずっと憧れていた。

かっこいい制服を着て、颯爽と働いている。

 

いつしか、スチュワーデスになりたいという夢が芽生えていた。

 

就職活動では、JALやANAなど日本の航空会社を受験したが、ことごとく失敗。

意に反する職(プログラマー)についたが、既卒で外資系CAの受験をつづけた。

 

まるで、倒れても倒れても起き上がる、しつこいボクサーのように。

わたしは、航空会社の門を叩きつづけた。

 

パンチドランカーになる寸前、扉は開かれた。

扉のほうが根負けしたと言ってもいいだろう。

 

そしてその扉の先は、素晴らしい世界へとつながっていた。 

 

あれから、四半世紀近く。

わたしはまだ、飛行機で働いている。

スチュワーデスからキャビンアテンダントへと、呼び名が変わっても。

 

フライトの思い出を残そうと、ブログまで始めてしまった。

わたしのつたない文章を、読みにきてくださる人がいる。

飛行機への憧れは、いくつもの出会いへとつながっていった。

 

気づけばアラフィフ。

見た目とちがって、体力勝負の過酷な労働。

正直、いつまで体がもつかわからない。

(この点においても、プロボクサーに共通するものがある)

 

それでもわたしは飛ぶ。

リングがボクサーを必要とするように。

空がわたしを必要としてくれる限り。

 

そして空がある限り、飛行機は飛ぶ。

世界中の人たちの、たくさんの思いをのせて。

 

お客さま一人一人の気持ちに寄り添ったサービスができるよう、初心を忘れずにいたい。

 

飛行機とわたしの旅は、まだまだつづいていく。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

愛犬シエル(フランス語で「空」という意味)に、応援クリックを頂けると励みになります。


客室乗務員ランキング