ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系CAのブログ。 フライトエピソードの他、宝塚・ジュエリー・コスメ・ワインなどの情報を発信しています。

外資系エアラインのブリーフィング【エピソード1】

フライト直前の打ち合わせ【ブリーフィング】

 

f:id:ciel114:20190812200537j:plain


フライトの前には毎回、ブリーフィングと呼ばれる打ち合わせが行われる。

安全面、サービス面、あらゆる角度から、クルー全員で連携を高めていく。

 

外国の航空会社なので、日本の空港内にブリーフィングルームはない。

よって成田からのフライトでは、お客さまをお迎えする前のキャビンで集合することが多い。

 

まずはキャビンクルーだけで、客室内に特化した事柄について話し合う。

いちばんのトピックは、セキュリティ&セーフティに関すること。

続いて、お客さまのカテゴリーやサービスの内容についてなど。

 

しばらくすると、ひと通りチェックを終えた操縦室からコックピットクルーがやってくる。

キャプテンからは、飛行状況や飛行時間など、フライト自体に関する情報が告げられる。

 

わたしたち日本人乗務員は、ここで初めて彼らに合流するため、軽く自己紹介をする。

長く働いているわたしは、だいたいが顔見知り。

自己紹介というより、ハグですべて済んでしまうことのほうが多い。

 

パイロットがくれた差し入れ

 

ある日のブリーフィングは、とても面白かった。

3番目のパイロットが、おもむろに菓子折りを差し出してこう言ったのだ。

 

「孫が生まれたんだ!みんな、祝ってくれ!」

「Congratulations!(おめでとう!)」

 

菓子折りは、近くにいる人に渡されて、つぎつぎにパスされていく。

パスされる順番は、入社年次とか、役職の上下とか、まったく関係がない。

 

わたしの手元にまわってきた。

菓子折りの中身は…

なんと「餅」だった!

 

お祝いごとだから紅白饅頭、ってわけではなく(彼らはそんなこと、知る由もない)薄い桃色をした、求肥的な、羽二重的なモチ。

 

ステイ中に買ったのか、それともフライト前に成田空港内で見つけたのか。

箱の中に整然と並んだ餅を見た、彼らの反応といったら。

 

「これはなんだい?」

「見たことがないわ」

「アイオンでも売ってる?」←スーパーのイオンのことを、なぜかこう発音する(笑)

 

衝撃の差し入れに、ざわめくキャビン。

モチ、モチ、と皆が口々にささやいている。

 

唯一の日本人であるわたしは、全員に聞こえるよう大声で言った。

 

「It’s MOCHI(それはモチです)」

「オオーッ!」

 

いちいち、反応がすごい(笑)

 

「なにでできているの?」

 

来ると思った。その質問。

 

「It’s made from MOCHI rice(もち米でできています)」

「Oooh !」(もはや何がオオーッなんか分からん😂)

 

これからヨーロッパへ発とうという、至極ヨーロピアンなチームでおもちを頬張る。

不思議な、でもとてもほのぼのとした瞬間だった。

 

しかし外資系の飛行機の中で、餅が振舞われているとは、想像もされないことだろう。

 

「Boarding position」

ほどなくパーサーから、餅場…ならぬ、持ち場につくようにと合図が入った。

 

まもなく、お客さまがご搭乗される。

わたしは最後の餅を、コーヒーで流し込んだ。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

愛犬シエルに応援クリックを頂けると励みになります。


客室乗務員ランキング