ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

空が仕事場【キャビンアテンダントと飛行機】

空が仕事場 【キャビンアテンダントと飛行機】

 

お題「わたしの仕事場」 

 

f:id:ciel114:20210305134857j:plain


飛行機が飛んでいく。

あかね色に染まった夕暮れの空を。

 

ゴーという大きな音をたてながら。

飛行機が飛んでいく。

 

あの音を聞くと、乗務していたころを思い出す。

コロナ禍以前は、空が仕事場だった。

そう、わたしはキャビンアテンダント。

 

機体が発する、独特の機械音。

コックピットから聞こえる管制塔とのやりとり。

クルーの陽気な笑い声。

乗客たちのざわめき。

シャンパングラスがたてる、カランカランという音。

 

聞きなれた、優しく愛しい音たち。

耳が、ぜんぶ覚えている。

 

f:id:ciel114:20210305164900j:plain

 

オリンピック開催期間中のフライト

 

夏と冬。

年に2回、オリンピックが巡りくるたび、機内で盛り上がった。

名高いアスリートのお客さまが、ご搭乗されることもあった。

 

まだ、インターネットが普及していなかった時代。

 

競技の結果が知りたくてウズウズしている乗客(と乗員)のため、無線を使って地上とコンタクトをとり、機内アナウンスをするキャプテンもいた。

 

それを受け、わたしは即座に最寄りのマイクをとり、日本語でアナウンスをする。

 

よその国のメダル情報なんて、日本人のお客さまに需要があったとは思えないけど。

 

それでも、機内通訳はわたしの仕事。

忠実に訳して、伝達していた。

 

もしいま、オリンピックが開催されたなら。

スマホやパソコンなど、個人の端末で、なんだって検索できるだろう。

 

あのときのアナウンスだって、もう必要はない。

 

わたしがキャビンアテンダントとして勤務してきた25年。

その四半世紀のあいだ、世界はすっかり変わってしまった。

 

でも大空を飛ぶ飛行機の、あの轟音だけは変わらない。

 

そして空を想う、わたしの気持ちも。

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

 応援クリックをいただけると励みになります⇩


日々の出来事ランキング