ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

聖なる季節に出会った、空の上の天使たち【ANAのキャビンアテンダント】

聖なる季節に出会った、空の上の天使たち【ANAのキャビンアテンダント】

 

大阪に帰省するときはいつも、全日空さんのお世話になっている。

先月も、数日分の荷物が入った小型のスーツケースを、機内持ち込みにして搭乗した。

いつもなら何てことのない荷物の上げ下ろしだが、この日は勝手が違った。

 

ピラティスで肋骨を骨折していたわたしは、恐る恐るスーツケースの持ち手に手をかけた。

その瞬間、すかさずCAさんがやってきて。

「お手伝いいたしましょうか?」

『…助かった…!』

まだ痛みの残るわき腹を抱えながら、わたしは天使の声を聞いた。

 

「助かりました。じつは肋骨が折れていて…」

このようなシチュエーションで、私情を挟む必要もないのに。

感謝の気持ちから、つい口をついて出てしまった。

 

驚いたCAさんは『それは大変』といった表情で、「お帰りのさいにも、お手伝いさせていただきますね」と言ってくださった。

さらには「できることがあれば、いつでもおっしゃってください」とお声がけをいただき、安心してゆったりくつろぐことができた。

 

その日はとてもお天気がよく、うっすら雪化粧をした雄大な山々が、眼下に広がっていた。

自分の仕事中は、いつもバタバタしていて、窓からの景色を楽しむ余裕がないわたし。

ここぞとばかりに、窓の外を覗きこむ。

 

『富士山は、どのあたりなんだろうか?』

ほどなく、ドリンクサービスがはじまった。

さっきとは別のCAさんが、こちらのサイドの担当だった。

 

飲みものをいただきながら、わたしは思いきって尋ねてみた。

「今日は、富士山が見られるでしょうか?」

「残念ながら、もう通りすぎてしまいました」

 

(その会話を聞いていたお隣の紳士)「富士山なら、さっき見えましたよ」

『なんや水くさいな〜お隣なんやから教えて〜な』

…とは言えなかったが、ひとしきり富士山の話題で盛り上がった。

 

しばらくすると、また同じCAさんがやってきて。

「よろしかったら、こちらをどうぞ」と一枚の絵葉書をくださった。

目の前に差し出されたそれは、みごとな富士山の写真だった。

 

f:id:ciel114:20200117143536j:plain

 

「これくらい綺麗に見える日もあるんですよ!」

はずんだ声でそう教えてくれた彼女もまた、空に魅了されたひとりなのだと思うと、胸が熱くなった。

 

もしかしたら。

うしろのギャレーで、最初のCAさんと話をしたのかもしれない。

浮かない顔で搭乗してきたわたし。

マスク越しでも、不安げな様子が伝わったのだろう。

肋骨を骨折して、レゴブロックみたいな動きをしているし。

まるで『あのお客さんを元気づけよう』と示し合わせたかのように、ふたりの真心が伝わってくるサービスだった。

 

飛行機は徐々に高度を下げ、着陸態勢に入った。

CAさんは手伝ってくれると言ったけど、わたしの座席はクルーのステーションから近くはない。

これは最後に降りることになるなと、待つ覚悟を決めていた。

 

それが!

シートベルトサインが消えるやいなや、最初のCAさんが飛んできてくれて、物入れから荷物を降ろしてくださった。

疾風のような速さだった。

一刻も早く、わたしを降ろそうと気遣ってくれた優しさに、涙が出そうだった。

 

まだ年若い、フレッシュで愛らしい方。

こんな人の便に乗れたわたしは、本当にラッキーだった。

折しも、クリスマスシーズン。

制服の胸元についている、リースの飾りが目に入った。

「メリークリスマス」

わたしは、お礼のことばに、こう付け加えた。

「メリークリスマス」

はにかんだような表情で、そう返してくれた彼女のもとに、幸せが訪れますように。

 

飛行機を出るとき、シニアとおぼしきクルーの方に「うしろのサービスが素晴らしかったです。お世話になりました」と伝えると、「ありがとうございます。励みになります。かならず伝えておきます」と誇らしげにおっしゃった。

心と心がつながるフライトとは、こういうことを言うのだろう。

 

伊丹空港についたら、ずっと塞いでいた心が、いつのまにかほぐれているのを感じた。

知らない人同士でも、人はだれかの役に立てる。

人の痛みや悲しみに寄り添うことの尊さを、空の天使たちから教わった。

 

12月某日 東京発大阪行き ANA21便のクルーに感謝をこめて

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩


客室乗務員ランキング