ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

オンライン英会話【ネイティブキャンプ】の講師はじめました

オンライン英会話【ネイティブキャンプ】の講師はじめました

 

f:id:ciel114:20210721143755j:plain

 

といっても、まだ一度もレッスンをしていない。

というより、レッスン開始にまで至っていない。

 

というのも。

予約なしで受けられる「今すぐレッスン」主体のネイティブキャンプでは、どんな生徒さんが現れるか分からないからだ。

 

人見知りというわけではない。

むしろ初対面の人とでも、自然に会話ができるほうだ。

 

職業柄、一期一会の出会いを、なんども繰り返してきている。

それなのに躊躇しているのは、使うスキルの違いからくる、自信のなさだと思う。

 

四半世紀もの長い間、サービス業ひとすじに従事してきた。

それがここにきて、まったく違う業種である教職に携わることになろうとは。

 

わたしは、この春ネイティブキャンプに入会し、生徒として楽しく英語を学んできた。

 

いつかここで、日本人講師として、教える側につきたい。

そう思ってはいたけれど。

 

なかなか最初の一歩が踏み出せずにいた。

だが先日、ついに採用試験にチャレンジし、合格をいただくことができた。

 

日本人講師採用試験を受けたきっかけ

 

わたしは、某ヨーロッパ系航空会社の現役キャビンクルーである。

しかしコロナの影響で、去年の3月から一度も乗務できていない。

 

多くの外資系エアラインでは、たくさんの日本人乗務員が解雇されたという。

 

幸か不幸か、わが社においては、いまだ何も決定していない。

自国のシステムを立て直すことに精一杯で、所帯の小さい東京ベースの処遇については、後回しにせざるを得ないのだろう。

 

それが先月、ようやく一対一でのオンラインミーティングが行われた。

 

面接の担当者自身もキャビンクルーで、現場のことをよく分かっている男性。

わたしたちの気持ちに寄り添った、温かく和やかな雰囲気で話は進められた。

 

告げられた内容はこうだった。

 

日本人クルーは、今後もしばらくフライトができない。

なぜなら、以前のように、デイリーで飛行機を飛ばすことができないからだ。

日本を出国したはいいが、あちらでのステイが長くなり、帰国まで時間がかかりすぎるとのこと。

 

そして、日本人クルーの生活が心配だとも。

「このような状況なので副業もOK」と明言されたことが、前に進むきっかけとなった。

 

本国では、「このような状況」になるもうずっと前から、副業が認められていた。

 

わたしが覚えているだけでも、アイスクリーム屋さん・レストラン経営・マッサージ師・ジュエリーのバイヤーなどなど。

 

その理由は、いろんなバックグラウンドの人間が集まったほうが、幅広いサービスを提供できることだ。

 

外資系エアラインのキャビンクルーの容姿が個性的であることも、多様性を意識しているからだという。

 

話はそれたが、ネイティブキャンプにも様々な経歴の先生が在籍している。

わたしも、自分にしか出せないカラーで、自分にしかできない授業をしたいと思う。

 

レッスン開始までのラストステップ

 

実際にレッスンを始めるまでに、完了しなければならないこと。

それは、講師紹介欄に載せていただくプロフィールを作成すること。

 

生徒さんに選んでもらったり、予約を入れてもらえるように、自分のことを適切にアピールしないといけない。

 

現在は、写真をアップロードするところで作業が止まっている。

 

それから、模擬レッスン動画を繰り返し視聴すること。

 

ネイティブキャンプの講師として恥ずかしくないよう、しっかりと準備したい。

 

わたし自身も、まだまだ長い学びの途中。

教えながら勉強させていただく気持ちで。

謙虚に、でも、情熱を持った講師になりたいと思う。

 

 

【7日間無料体験レッスン】はこちらから

生徒から講師になった、わたしがおすすめします!

月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります


日々の出来事ランキング