ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

【北風と太陽】に見る人間学〜イソップ童話から学ぶ〜

2018年 飛び始め

サクマドロップ教✴︎の教祖様でもある、同期のAちゃんと。

仕事とはいえ、仲良しの友達といっしょにフライトするのは楽しい。 

わが社の東京便には2名の日本人が乗務しており、ビジネスとエコノミーにひとりずつ割り当てられる。

別々のキャビンを担当するため、通常は話すこともままならない。

だが同じ飛行機に信頼のおける仲間がいるだけで、がぜん力が湧いてくる。 

フライト前には毎回、ブリーフィングと呼ばれるキャプテン以下全員での打ち合わせが行われる。

成田空港においては、本国から飛んできたクルーと、日本人2名が最初に顔を合わせる大事な機会だ。 

初めて会うクルー。

久しぶりに会うクルー。

少し前に飛んだクルー。

「よろしくね!」

「元気だった?」

「また会えて嬉しいよ」

握手とハグが飛び交う、はじまりのセレモニー。

たいせつなお客様を安全に目的地までお届けすることを、連帯感をもって誓い合う瞬間。

その日のパーサーは、国籍問わずクルーから人気のあるミカエルだった。

彼はいつもと変わらぬ笑顔で、開口一番わたしたちにこう言った。

「Thank you for coming

Aちゃんとわたしは驚いた。

いったいどこの会社の上司が、部下に向かって

「来てくれてありがとう」

なんて言うだろうか。 

「どうしてそんなことを言うの?」と聞いたら、

「君たちが来てくれないと、飛べないじゃないか」と微笑んだ。

 会社員が出社するのは、当たり前のことだ。

でも、その当たり前のことに感謝し、おかげで自分の仕事が成り立っていると、部下に伝えることができる上司はなかなかいないと思う。 

Aちゃんが前に勤めていた某アジア系エアラインでは、パーサーはたいてい厳しく、業務に関わる質問に答えられなかったりすると、その場で降ろされてしまうと言っていた。 

 

北風と太陽

北風と太陽というイソップ寓話をご存知だろうか? 

6B56F291-0E79-43B9-93AB-1980FA37DF8E.jpeg

北風と太陽が、旅人の上着を脱がせる勝負をする。

北風は強く冷たい風で、旅人の服を吹き飛ばそうとする。

だが北風が吹けば吹くほど、旅人は上着を押さえる。

それに対して、ただ燦々と照りつける太陽。

少々時間はかかるが、汗ばんだ旅人は自ら上着を脱いでしまう。 

暖かい空気は、人の心を和ませる。

優しい言葉がけ、寛容な態度。

ミカエルは、太陽そのものである。

彼を中心に、周りのメンバーが輝き出す。

職場環境を良くする方法にはいろいろあるだろう。

だが北風より太陽のやり方のほうが、いいに決まっている。

これは職場だけでなく、すべての人間関係に応用できると思われる。 

夫婦、親子、兄弟、友達…

わたしも、周りの人たちを温かく照らす存在でありたい。

くれぐれも、あつくるしくない程度に。

 

✴︎サクマドロップ教についての記事はこちら

ciel114.hatenablog.com

 

人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援のほどお願い申し上げます。

 


人気ブログランキング