ミセスCAのオン&オフ日誌

外資系エアラインCA・Vikiのブログ。コロナ禍スタンバイ中。

【オンライン英会話】ネイティブキャンプ新米講師、奮闘中!

【オンライン英会話】ネイティブキャンプ新米講師、奮闘中!

 

f:id:ciel114:20210905174320j:plain

 

オンライン英会話スクール、ネイティブキャンプの講師をはじめてから1ヶ月。

 

ようやく、レッスンにも慣れてきたところだ。

…と言いたいところだが、まだまだ緊張しているのが現状だ。

 

というのも、わたしのクラスにいらっしゃるのは、なぜかハイレベルな方が多く、大半がフリーカンバセーションを選択されるからだ。

 

考えてもみてほしい。

 

スタンバイボタンを押す。

見知らぬ生徒さんが(秒で)端末の向こうに現れる。

 

急いで教材を確認。

「Free conversation」

このあと、何のテキストも使わず、25分間(英語で)お話しなければならないのだ。

 

しかも、その人のためになる(その場で仕立て上げた)オーダーメイドなトピックを使って。

これは武器を持たず、素手で戦っているようなものだ。

 

幸い、わたしは人見知りというものをしないので、初対面でもすぐに打ち解けることができる。

 

しかし、すべての話題に通じているわけではないので、詳しくない分野に話が及ぶと焦る。

焦っている様子を見せないのがプロだと思っているので、始終ニコニコしているが、内心バクバクしている。

 

先日は、高校で物理や地学を教えているという先生がお見えになり、理科系弱者?のわたしは必死で話題を探した。

地層や皆既日食についてなど、なんとか話を続けることができたので、高校時代に勉強していて良かったと思った。

(成績が悪かったこともネタになった🤣😭)

 

このお盆の間はとくに、お休みのサラリーマン男性が多かった。

コロナ禍でご旅行や帰省を諦めた方々が、時間を持て余してオンライン英会話に来られる。

ふだんお仕事を頑張っておられるのだから、つかの間の休暇、少しはゴロゴロされるといいのに。

日本人は本当に勤勉だなあと、驚くくらいに熱心な方ばかりだった。

 

一対一でじっくり話していると、しかも25分というそれなりに長い時間話していると、思いがけず深い会話になることもある。

外国に駐在している方。

単身赴任で、ご家族と離れて暮らしている方。

日本人だけでなく、台湾からの生徒さんも。

この仕事を通してでなければ得られなかったであろう人たちとの関わり。

たとえネット上の繋がりであるとしても、出会えたことに感謝し、「教えさせていただく」という気持ちで取り組んでいる。

 

基本的に人間が好きなわたし。

知らない人の話を聞くのは、とても興味深い。

そのうえ英語という(未完成ながらも)わたしの持てる最大の力を駆使して、誰かのお役に立てることが嬉しい。

 

Teaching is leaning.

教えることは学ぶこと。

わたしは日々、学びの途中である。

 

⇨ネイティブキャンプ

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります♪


日々の出来事ランキング