ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

一枚のはがきが結んだ、目には見えない親子の絆

母が入院して久しい。

ひとりで暮らす父のもとへ、月にいちど帰る。

 

足がわるく、思うように動けない父。

もともと家事は母に任せっきりだったから、帰るたび部屋は荒れ放題。

注意をするとけんかになるから、黙々と掃除をする。

 

昨日は探しものがあったので、ふだん手をつけない押入れを開けてみた。

祖母の遺品の入った箱がある。

そこから出てきた、一枚の古いハガキ。

昔の人の筆跡で、なにやらしたためてある。

達筆すぎて、解読ができない。

f:id:ciel114:20190220231226j:plain

目を凝らして読んでみる。

宛先人は、だれか知らない人の名前。

差出人は、戦争でなくなったわたしの祖父であった。

おそらくハガキの持ち主が、祖父の亡きあと祖母に託したのだろう。

 

「先日は、愚息◯◯の節句の祝いにと、過分のお心遣いを…」

 

消印を見ると、昭和15年5月とある。

父が生まれたのは昭和14年。

父が1歳のときの、端午の節句のお祝いに対する礼状だとわかる。

 

はじめて見る祖父の筆跡。

流麗でありながら、とてもやさしい。

その人生の少し先に、死が待ちうけていることなど、みじんも感じさせない。 

 

わたしはあわてて、それを父に見せた。

父は驚いてそのハガキを見つめ、しばらくなにか言ったあと、声をあげて泣いた。

 

父が泣いたのを、はじめて見た。

どんなことがあっても弱音を吐かない父が、眼鏡の奥の小さな瞳を濡らしている。

まるで子供のように、肩を震わせながら。

 

「80のじいさんが泣くなんてなぁ…」

 

自嘲とも、弁明ともとれる言葉を発したあと、そのまま黙りこくってしまった。

 

祖父はフィリピンのルソン島で、29歳という若さで戦死した。

あまりに早すぎる別れだったので、父には祖父の肌の温もり以外、思い出の品など残っていない。

 

奇しくも、たったひとつの遺品となってしまった一枚のハガキ。

すっかり色あせたそれを、老いてしわくちゃになった頬に近づけている。

目を閉じて、静かに。

祖父の温もりを、思い出すかのように。

 

会うと口げんかばかりしている、父とわたし。

でも、父は祖父とけんかをすることもなく生き別れてしまった。

 

この世に生きて、ことばを交わせる尊さを、感じずにはいられない夜だった。

 

わたしにもいつか近い将来、父と別れる日がやってくる。

 

そのときが来るまで。

目には見えないハガキに、たくさんの思い出を綴ろう。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

「読んだよ」のかわりに、ポチッと押して頂けると励みになります。

⬇︎


客室乗務員ランキング