ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

ミセスCAのオンオフスイッチ【冬のステイ日誌】

冬のヨーロッパ

 

おはようございます。

わたしはいま、フライトでヨーロッパの某都市に来ています。

こちらはただいま、摂氏8℃。

けさは霧が深く立ちこめ、窓からの景色もすっかり冬の色です。

オレンジ色の屋根も、黄色く色づいた木々も、白くけぶって見えます。

 

しかし、ホテル前の湖の住人、白鳥さんたちは今日も元気。

さきほどまで眼下にいたかと思えば、つぎに見るとずいぶん向こうのほうまで泳いで行ってしまっている。

あの人たちも、じっとしていられないんでしょうかね。

お水が冷たすぎて。

それとも、ディズニーランドのミッキーマウスみたいに、パーク内(湖内)に何匹かいてはるんでしょうか…

f:id:ciel114:20181110184944j:plain

白鳥の湖・無修正画像

 

日本とヨーロッパ中央時間との時差

 

日本とヨーロッパ中央時間には、夏は7時間、冬は8時間の時差があります。

なので日本のみなさんが夕方、

 

「今日の仕事も終わった〜」

 

とひと息ついておられるころに、わたしたちが朝のしたくを始めます。

 

昨夜は11時間寝ました。

11時間のフライトのあとは、それくらい寝ないと元の世界に戻って来られないのです。

今日もこれから帰国便で11時間働くわけですから、リセットが必要です。

 

フライト前にすること

 

まずは熱いコーヒーを一杯。

きのうのフライトのこと、今日のフライトのこと、日本に帰ってからの身の振り方などを、ゆっくりと考えます。

 

そして顔面づくり。

心の中は昭和でも、メイクだけは古めかしくならないないように。

保安要員としての信頼感と、サービス要員としての華やかさ。

その二つの要素が、バランスよく共存できるラインを死守します。

彫りの深いヨーロッパ人と働くため、多少派手でも浮きません。

崩れにくいメイクに関しては、年季が入っているためお手のものです。

 

荷物をコンパクトにパッキング。

最後にジャケットをはおります。

ロビーに降りてチェックアウトを済ませたら、クルーバスに乗り込んでいざ空港へと出陣。

 

水面下で努力する白鳥のように

 

家族はみんな、わたしの仕事に協力的です。

でも、お弁当や晩ごはん、掃除に洗濯、シエルの散歩など…

主婦としてのわたしがいなくなることで、ずいぶんと負担をかけています。

その上で成り立っている、CAとしてのわたし。

眠いとかしんどいとか、言ってられません!

 

今日もあの白鳥さんたちのように、お客さまから

 

「あの人、機内に何人かいてはるんとちゃう?」

 

と言われるくらい、がんばって働きます。

 

 

応援クリック🌰励みになります!


人気ブログランキング