ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

長い橋の途中で

長い橋の途中で 

 

f:id:ciel114:20220331182232j:plain


月に一度の、愛犬シエルのシャンプー。

行きつけのトリミングサロンは、うちから一駅離れたショッピングモールの中にある。

いつもは電車で連れて行くところを、気候もいいし、歩いて行くことにした。

一駅とはいえ。

二つの駅の間には、長い長い橋がある。

左手下方には、大きな川が流れているけど。

右手は車が激しく行き来しているだけの道。

道すがら、においをかぐものもなく。

シエルもまっすぐ、ただひたすらに歩く。

家を出るときは少し肌寒かったのが、ようよう汗ばんでくる。

こんなに歩いたのは久しぶり。

 

思えばわたしは、人一倍歩く仕事をしていた。

飛行機の端から端まで、通路をぬって行ったり来たり。

乗務復帰のため、少しは鍛え直さねばと思う。

だがその日は、まだまだ先のことみたいだ。

コロナが落ち着かないことに加えて、ロシアとウクライナの間で戦争も始まった。

「フライトレーダー24」という航空機の運行状況がリアルタイムで見られるアプリがある。

先日調べたところ、シベリア上空に旅客機のマークはなかった。

南回りでヨーロッパへ入る便もあるが、いまのところわが社にその予定はない。

 

ふいに桜吹雪が舞い散る。

薄曇りの空に、白く幻想的な景色が広がる。

ちいさな花びらが風に舞って、舞い上げられて。

そして、どこかへ運ばれていく。

人間も、大きな力の前では、か弱い花びらに過ぎない。

道路を挟んだ向かい側にある公園。

桜の木の下を、少女たちがスキップしている。

ジャンパースカートをはいた娘。

ポニーテールを揺らしている娘。

みんな一様にマスクを着用しているが、息づかいまで聞こえてくるようだ。

春がめぐりくるたび、歳をとったなと思う。

あんな無邪気な時代もあったと、遠くなつかしい日々を振り返る。

長い長い橋を渡りながら、いろんなことを考えた。

 

わたしの人生という橋の先には、何が待ち受けているだろうか。

強い風に吹かれながら、かたわらの愛犬に目をやる。

小さな身体でありながら、風に逆らい健気にチョコチョコ歩いている。

そうだね。

歩くしかないよね。

いつかたどりつく、その場所が。

安寧に満ちた、幸せな未来であることを祈った。

 

f:id:ciel114:20220331184639j:plain

トリマーA木さんが撮ってくださった写真。「おむかえまだかな〜」

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩


日々の出来事ランキング