ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社で働くVikiのブログ。コロナで日本便運休中のためオフですが、ふたたび飛び立てる日を夢みています。

本年もどうぞよろしくお願いします【肋骨骨折その後】

本年もどうぞよろしくお願いします

 

f:id:ciel114:20200110151355j:plain


松の内も過ぎ。

新年のごあいさつをするには、遅い時期となってしまった。

前回の更新から、じつに三週間以上が経っている。

 

ブログに限ったことではないが、いちど間があいてしまうと、再開へのハードルがどんどん高くなる。

なので、今日は重い腰をあげて、近況報告をしたいと思う。

 

ホネもどうぞよろしくお願いします

 

昨年の12月に、ピラティスで肋骨を骨折してからというもの。

スタジオには、まったく通えていない。

整形外科の先生から、ストップがかかっているからだ。

 

だが、最初に受診した日に「数日後にフライトが控えている」と相談すると、意外な答えが返ってきた。

 

「コルセットを巻いて、行ってきてもいい」

 

(へ?いま、なんと?)

 

わたしは、聞き間違いをしたと思って、先生にふたたび問うた。

だって、ピラティスやっちゃいけないのに、乗務はしていいなんてワケワカメ。

 

「先生、わたしの仕事は泊まりで海外…」

「三日ほどでしょ?じゃ大丈夫だよ」

 

「大きいスーツケースもあります」

「反対側の手でひけばいい」

 

「重たい荷物をあげるときはどうすれば?」

「だれかに手伝ってもらえばいい」

 

やっぱり、小骨。

整形外科の先生たちからすると、肋骨なんて小骨にすぎないのだ。

 

されど、小骨。

骨を惜しむ気持ちは毛頭なかったが、なにしろ痛みはあるし、爆弾をかかえて乗務をするのは心配だ。

 

「とにかく、ぶつけたり、ねじったりさえしなければ、問題ないよ」

 

(…先生…)

 

いっそ、行くなと言ってほしかった。

休めと、言ってほしかった。

 

最終的な判断は、自分に委ねられたけれど、元来きまじめな性格。

多少無理をしてでも、フライトに穴は開けたくない。

 

だからわたしは飛んだ。

小さなバクダンを、小脇に抱えながら。

 

骨身を削って

 

「ミールカートはひくほうがいい?それとも、押すほうがいい?」

と、気遣ってくれる同僚たち。

何かあったときに困るので、あらかじめ骨折について伝えておいたからだ。

みんなとても同情的で、わたしに無理をさせないよう注意を払ってくれた。

 

そして意外と、肋骨を折ったことがある人が多い事実が発覚した。

 

スチュワードA:「ぼくは若いころ、酔って自転車でウチに帰っているときに転倒してね」

スチュワードB:「オレもオレも!」

スチュワードA:「その晩は酔ってるから、ぜんぜん痛くないんだよな」

スチュワードB:「でも翌朝な!」

ふたり:「超イテーんだよな!(爆笑)」

 

ワルイけど…ヨッパライと一緒にせんといてくれる?(笑)

 

女性クルーも何人か、咳のしすぎで肋骨をやったことがあるという。

(実はわたしも、この経験もあり😭)

 

「大丈夫?」

「痛くない?」

 

顔を合わせるたびにかけてくれる、やさしい言葉がうれしかった。

 

長時間コルセットを巻いているのは苦しかったし、動きが制限されるのは歯がゆかったけれど、行きも帰りも同僚に助けられて、無事フライトは終了した。

 

コツコツ(骨骨)がんばります

 

帰国後も、親の介護のため大阪に帰省したりして忙しかったが、年末年始はじゅうぶん骨休めができた。

 

また、リアルにお付き合いがある人たちだけではなく、ツイッター上でつながっている方々からも、お見舞いのことばをたくさん頂戴した。 

その節は、本当にありがとうございました。

みなさまの温かいお気持ちに、どれほど救われたことか。

 

昨年、あれで厄落としができたと前向きに受けとめて。

本年も、コツコツがんばってまいりたいと思います。

 

 

📕続編はこちらです↓

www.ciel114.com

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると、骨身にしみます。


客室乗務員ランキング