ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系CAのブログ。 フライトエピソードの他、宝塚・ジュエリー・コスメ・ワインなどの情報を発信しています。

スウェーデン人のヅカ友ができた話

f:id:ciel114:20190322123524j:plain

 

前回のフライトでの話。

エコノミークラス担当だったわたし。

 

仕事が終わって、ビジネスクラスに行った。

すると、ビジネスクラス担当のスチュワードから

 

「You like TAKARAZUKA(タカラヅカ、好きなんだよね)?」

 

と言われて、のけぞるくらい驚いた。

 

「I went to TAKARZUKA yesterday (きのう観に行ったよ)」

 

なぜ、スウェーデン人の口から「タカラヅカ」というワードが?

どうしてマーティンは、わたしが宝塚好きだと知っているの?

そもそも、チケットはどうしたんだ??

 

いろんな疑問がいっぺんに押し寄せてきて、一瞬言葉を失ってしまった。

 

落ちついて、よくよく話を聞いてみた。

 

マーティンは親日家であること。

わたしがヅカファンだと、もうひとりの日本人クルーから聞いたこと。

ネットで調べて、当日券に並んだこと。

 

すべてにおいて合点がいった。

 

しかし、およそ11時間のフライトのあと成田から日比谷に向かったなんて。

いくらヅカオタなわたしでも、帰国した日に観劇はキツい。

しかも、機内でずーっと立っていたのに、さらに立ち見だなんて。

想像しただけで倒れそう。

 

でも彼はキラキラした目で「ファンタスティック」と連発していた。

スウェーデン人だけに、本物のフェルゼンみたいだった。

 

「英語であらすじを読んでいたから、流れはつかめたよ!」

 

たしかに、パンフレットにも公演チラシにも、あらすじが英語で表記してある。

いままで、これはいったい誰のための英訳だろうかと思っていたが、こういう人たちのためだったのね。

 

「劇場にいた外国人はボクひとりだったよ!」

 

そーだろうな。

長年ヅカファンやってるけど、日本人以外の観客をいまだ見たことがない。

背の高い白人のイケメンがひとりで立っていたら、目立ってしゃーないと思う。

 

お芝居「霧深きエルベのほとり」については、前半部分はセリフが多すぎて理解できなかったが、後半はとても感動したらしい。

 

ショー「ESTRELLAS(エストレージャス)〜星たち〜」は、みんなノリノリで超楽しかった!と。

 

男役は、男にしか見えない。

どの役者も立ち姿が美しく、浮世離れしている。

いちばん好きなキャラクターは、カール(紅ゆずるさん)

 

ギャレーにはそのとき、同じくスチュワードのリチャードもいた。

マーティンは宝塚について、一生懸命説明しはじめた。

 

女性だけの劇団なんだよ。

花とか月とか、いくつかのグループに分かれているの。

ボクが観たのは「star troupe」なんだけどね。

 

(ウンウン、そうだね)

 

すごいんだよ〜

試験が難しいらしくてね。

毎年、40人くらいしか入団できないんだって!

 

(よく知ってるね!笑)

 

もともとは鉄道会社が、町おこしのために始めたみたいだよ。

温泉地に劇場をつくったら人気が出て、どんどん大きくなったんだって!

 

(あんたなんでそんな詳しいの!爆笑)

 

惚れたよ!

そんなに好きになってくれたなんて。

 

ちゃんと椅子に座って観せてあげたい。

 

「こんどチケット取れたら、一緒に来る?」

「うん!行く行く!」

 

かくして、思いがけず外国人のヅカ友ができてしまった。

 

次回ご観劇の折に、ヨーロッパ人男性を引き連れて歩いている女を見かけたら。

それは、わたしかもしれません。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

愛犬シエルに応援クリックをいただけると、励みになります!

 


客室乗務員ランキング