ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。フライト・宝塚歌劇・愛犬・ワイン・ジュエリーなどについて書いています。

コロナ禍 わたしの新たな挑戦

コロナ禍 わたしの新たな挑戦

 

「待てば海路の日和あり」ということわざがある。

わたしはこれをもじって、「待てば空路の日和あり」と言っている。

海路の日和があるのだから、空路にだってきっとあるはずだ。

 

新型コロナウイルスの影響で、3月上旬に飛行機を降りてから、約7ヶ月が経過した。

依然として、フライトに復帰できる目処は立っていない。

 

会社から、ときおりリモートミーティングに参加するよう要請がある以外は、CAとしての機能を果たしていない。

 

日系航空会社に勤める国際線CAの方々は、国内線のヘルプに回られることもあると聞いた。

しかし、はるかなトツクニに本社がある我々にとっては、それもかなわない。

 

自宅待機を余儀なくされているこの期間。

わたしが始めたことが2つある。

 

オンライン英会話講師

 

ひとつは、オンライン英会話講師。

 

以前から興味があった「教える仕事」

J-SHINE 小学校英語指導者認定資格、中学校教諭一種免許状、高等学校教諭一種免許状など、英語教育に関してはひと通りの資格を持っているわたし。

どの資格も仕事で使ったことはなく、宝の持ち腐れとなっていた。

 

それがこのたび、近しい友達からの強い勧めもあり、満を持して重い腰を上げるに至った。

これまでにも依頼がなかったわけではないが、あえて避けてきた教職。

 

その理由はズバリ、自分に自信がなかったからだ。

塾講師や家庭教師をしたことはあるけれど、若さという勢いとか免罪符みたいなものに助けられていたふしがある。

CAの仕事についてからは特に、いくら頼まれても、なんだかんだと理由をつけては逃げつづけてきた。

 

だが今回、大切な友達のひとことがわたしの心に響いた。

「いまのVikiが持ってる知識を教えてくれたらええねん」

 

こんなわたしでも、必要としてくれる人がいる。

才能や経験などは、あとからついてくるだろう。

 

いま、現時点で。

ありのままのわたしが、だれかの役に立つことができるのなら。

そんな気持ちで始めた、ズームを使用した英会話レッスン。

 

おりしもリモート環境が整っている時代。

もしかしたら、必然的な流れだったのかもしれない。

 

ちなみに今のところ、特別な組織には所属せず、大々的に広告を打つ予定もない。

身近な依頼人の方々のニーズにあったカリキュラムを模索しつつ、細々とやっていくつもり。

 

わたしが今までに海外で経験し、学んだこと。

実際のサービスの現場で、そして外国人との関わりのなかで身につけた会話表現。

日本人が、学校などの教育機関で習得してきたいわゆる「受験英語」も生かしつつ、真に「使える英語」をお伝えしたい。

 

外国語は壁打ちでは上達しない。

間違えてもいいからどんどん話してもらう。

間違いは、あとから正せばいいのだから。

 

初めはおずおずと授業に参加していた生徒さんが、物怖じせず発話してくださるのを見ると、心の底から喜びを感じる。

人の幸せや目標につながるお手伝いをさせていだだく仕事。

教職もサービス業も、根底に流れるものは同じなのかもしれないと、未熟ながら思う。

 

ソムリエ

 

そしてもうひとつは、オンライン英会話がもたらしてくれた新しい試み。

それは、ソムリエとしての己にチャレンジすることである。

 

2003年に取得したソムリエ資格。

17年の時を経て初めて、それを公に生かそうとしている。

ことの成り行きは、以下に記すとおり。

 

スイーツに合うワインを探して

 

f:id:ciel114:20201008222318j:image

 

生徒さんの1人、大阪でシュークリーム専門店を経営されているU子ちゃん。

いつか京都や奈良といった、日本の伝統ある地域にも出店したいのこと。

コロナが終息して外国人観光客が戻ってきたら、英語で接客するのが夢だという。

 

数年前、U子ちゃんと一緒にパリへ旅行したことがある。

わたしが現地の人と話し始めると、貝のように口を閉ざしていた彼女。

それが今では、きれいな発音でスムーズに会話できるようになっている。

 

もともと話せる能力を持っているのに、恥ずかしがって遠慮したり、怖気づいたりする日本人は多い。

その枷を取り払うのが、わたしの役割だと思っている。

 

実際、わたしがそうだったから。

海外在住経験もなければ、留学経験もほとんどない。

そんな日本人の気持ちは、だれよりも分かっているつもりだ。

 

このたびシューアイスの通信販売を開始したという会話の流れで、それに合ったワインを提案するお仕事を任された。

シューアイス+ワイン。

たわいもないトピックが小さな希望へと変化し、ひとつのプロジェクトとして動きはじめた。

 

現在、店舗でのお披露目を見据えて、日夜研究を重ねている。

マリアージュの面白さや奥深さを、自分ひとりで享受するのではなく、より多くの人々に味わってもらいたい。

ワインが与えてくれる喜びは、みなさんが想像される以上にすばらしいものだから。

 

なにかと不自由で、思うようにことが運ばない、もどかしい時代。

いまは与えられたチャンスに感謝して、自分なりの社会貢献ができればと思う。 

 

📕ソムリエVikiと、シューアラクレームカプリのコラボ企画はこちら

www.ciel114.com

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。

 


客室乗務員ランキング