ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社で働くVikiのブログ。コロナで日本便運休中のためオフですが、ふたたび飛び立てる日を夢みています。

今宵はリモートワイン会【甘口赤スパークリング/ランブルスコ】

今宵はリモートワイン会

 

f:id:ciel114:20210222174455j:plain

 

いよいよ、今夜に迫ったリモートワイン会。

Facebookグループでのやりとりも活気づいてきた。

 

記念すべき第一回目のテーマは、スイーツとワインのマリアージュ。

このグループのメンバーのひとり、U子ちゃんのお店「シューアラクレームカプリ」

オーナーパティシエのお嬢さんと、試行錯誤しながら編み出した、自慢の組み合わせ。

そのうちのひとつが、ストロベリーシューアイスとランブルスコ。

 

甘口赤スパークリングワイン【ランブルスコ・グラスパロッサ】

 

 

これはイタリアの、フルーティな甘口赤スパークリングワイン。

いちごのスイーツとよく合う。

クラスのみんなにも、ぜひ味わってもらおうと、ワインの詳細をお伝えした。

同じ場所にいなくても。

同じ造り手のワインを飲んで、一体感が得られると、きっと楽しい。

もちろん、甘いものやワインが苦手な人は、お好きなスタイルでと付け加えて。

 

その後。

 

酒屋さんやスーパーに走った人。

わたしのブログに貼ってある、楽天などのリンクから購入された人。

エノテカさんまで、直接足を運んでくれた人。

みんな、それぞれのかたちで、ワインを確保してくれたみたいだ。

 

シューアイスは、遠方の人は配送で。

お店まで行ける距離に住んでいる人たちは、U子ちゃんと会うことができたよう。

そんな話を聞くにつけ、とても嬉しい。

 

コロナ禍で、なにかと我慢したり、控えたりがつづく生活。

おいしいものを、好きな人たちと共有する喜びまで奪われたくない。

たとえリモートであっても。

こうしてつながっていられることに感謝して、今夜を迎えたい。

 

しかし!

さっそくハプニング?が。

 

男性陣のひとり、I君から、「シャンパン買ってもうた」との報告が。

ナヌ😲シャンパン⁉️

だったらストロベリーよりも、バニラやラムレーズンのほうが合うかも。

シャンパン酵母のニュアンスは、シュー生地の香ばしさにマッチするだろう。

 

そうして、シャンパン攻略法を考えていた矢先。

 

こんどはO君から、「これでよろしいでしょうか?コストコでゲット」と写真が送られてきた。

そのラベルには、「ランブルスコ セッコ(辛口)」の文字が❗️

まさか、辛口のランブルスコが来るとは思わなかった…予期せぬ刺客。

 

シューアイスに合うワインを提案するつもりが、ワインに合うシューアイスを選ぶことに。

だけど、番狂わせが面白い。

ソムリエとして、変な腕❓がなっている。

 

同じランブルスコでも、生産者が違うと味わいが異なる。

同じみそラーメンでも、日清とサンヨー食品とでは違うように。

 

そして生産者が同じでも、ぶどう品種によってまったく異なる。

サッポロ一番に、みそラーメンや醤油ラーメンが存在するように。

(ラーメンで例えるなって?🤣)

 

またワインは、産地によっても大きく変わってくる。

一口にシャルドネと言っても、フランス産とチリ産では、色も香りも別物。

 

合わせる食べものにルールはないが、合う食べものが存在することは事実。

一度きりの人生。

せっかくなら、マリアージュの感動を味わってもらいたい。

 

うんちくをたれている間に、宴の時間が近づいてきた。

小難しいことは考えず、楽しい会にしたいと思う。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。 

ポチッと応援いただけると励みになります↓↓↓


日々の出来事ランキング