ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

クスミティー【アナスタシア】ロシア生まれパリ育ちの高級紅茶/口コミレポート

クスミティー【アナスタシア】ロシア生まれパリ育ちの高級紅茶/口コミレポート

 

ロシア生まれ・パリ育ちのおいしい紅茶、クスミティー。

 

ヨーロッパ系航空会社のCAである、わたしが乗務する便のビジネスクラスでも採用されています。

 

今回は、世界中で愛飲されている人気フレーバー・アナスタシアについてレビューしたいと思います!

 

 

f:id:ciel114:20200930205421j:image

 

クスミティー 人気No. 1 紅茶【アナスタシア】を飲んで、宙組公演を盛り上げよう!

 

宝塚歌劇宙組公演 三井住友カード ミュージカル『アナスタシア』

 

その特別プロモーション映像が公開されました!

宝塚歌劇団初の舞台化ということで、内外から期待が高まっています。

 

前作の、梅田芸術劇場メインホール/日生劇場公演『フライングサパ』は、すばらしかったですね。

しばらくサパの世界にどっぷりと浸かって、一時は出てこられないかと思いました。

 

でも、こうして新作映像が公開されると、心は一気にロシアへ!

 

「どんなお話なんだろう?」と、ワクワクして待つあいだに。

『アナスタシア』にちなんだ美味しいお茶でも飲みながら、思いを馳せようではありませんか。

 

【追記】「お茶でも飲んで、あったまろう?」byグレブ😆

 

 

皇室御用達 KUSUMI TEA【クスミティー】の歴史

 

f:id:ciel114:20200930233102j:plain

【エッセンシャル】最も人気の高い12種類のフレーバー、24個のティーバッグをセットにした、クスミティーのベストセラー商品

 

f:id:ciel114:20201117005050j:image

 

 

                             

 

フランスを代表する高級紅茶ブランド・クスミティーは、ロシア生まれの人気ティーメゾン。

 

創始者パヴェル・ミハイロビッチ・クスミチョフの作るお茶は、ロシア皇帝たちにも愛されたといいます。

 

ロマノフ王朝時代、ロシア革命から逃れるために一家がアトリエをパリに移したのちは、パリジャンをはじめ世界中で高く評価されています。

 

ロシアからパリまで旅をした紅茶、アナスタシア。

 

ディミトリ、アーニャ、ヴラド。

三人がたどった冒険の旅を、ご自宅で味わってみませんか?

 

 

クスミティーを代表する紅茶【ヒストリックブレンド】アナスタシアの特徴

 

f:id:ciel114:20201001002651j:image

 

ヒストリックブレンドのなかでも、一位の人気を誇るのが、写真左のアナスタシア。

 

深いネイビーに鮮やかなイエローのロゴマーク。

クスミティーの、アイコニックなデザインです。

 

ブラックティーをベースに、ベルガモット、レモン、オレンジの花の香りが豊かに広がります。

 

【追記】アーニャは、祖母マリア皇太后の香水を「オレンジの香り」だと言っていました。

お芝居のストーリーともリンクして、なんだか運命を感じます✨

 

茶葉の種類としては、アールグレイに分類されます。 

 

高貴で特徴的でありながら、飲む人を選ばない、スッキリとした味わい。

比較的クセが少ないので、紅茶初心者にもオススメです。

 

フレーバーティーがお好きな方にも評判が良い、柑橘系のフレッシュなニュアンス。

リラックス効果も抜群です。

 

いちど味わえば、忘れることができない。

まるで恋い焦がれるように。

なんどでも飲みたくなるおいしさです。

 

 

クスミティー【アナスタシア】(ティーリーフ/茶葉)

 

f:id:ciel114:20200930210907j:image

 

缶のサイズは、25g、125g、250gの三種類。

 

 

 

クスミティー【アナスタシア】(個包装ティーバッグ)

 

f:id:ciel114:20200930210957j:image

 

ティーバッグには、2.2g × 20個入り(個別包装なし)2.2g × 25個入り(個別包装あり)の二種類があります。

 

上の写真は、個別包装ありの商品。

こちらも、ネイビーとイエローのパッケージがゴージャスです。

 

 

宙組ファンの「同志」のみなさま。

 

どうしようもなく、ご贔屓に会いたくなったら。

アナスタシアの紅茶をいただいて、はやる気持ちを落ち着かせましょう。

 

ゆったりとした気分のときには、茶葉から丁寧に入れて。

気軽に味わいたい人や「入れ方が難しいわ」という人には、ティーバッグがおすすめ。

 

いずれにしても、舞台『アナスタシア』の世界観に浸れることまちがいなしです。

 

f:id:ciel114:20201016165751j:image

 

秋も深まり、遠いロシアから冬の足音が聞こえてくるころ。

熱々の紅茶が恋しい季節がやってきます。

 

今年はちょっと贅沢に。

クスミティーでハッピーなティータイムを楽しみましょう。 

 

おしゃれで可愛いパッケージは、ギフトとしてもおすすめです。

 

クスミティー公式オンラインショップはこちらから⇩

プレミアム ティー メゾンクスミティーの公式オンラインブティックがオープン 6,000円(税抜)以上のご購入で無料配送
詳細を見る

 

 

 クスミティー発祥の地【サンクトペテルブルク】という名の紅茶レビューはこちらから⇩

www.ciel114.com

 

 

☕️人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。 


客室乗務員ランキング