ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社で働くVikiのブログ。コロナで日本便運休中のためオフですが、ふたたび飛び立てる日を夢みています。

遥かなるロシアへ熱い想いを寄せて【クスミティー/サンクトペテルブルク】

遥かなるロシアへ熱い想いを寄せて

 

f:id:ciel114:20201014192413j:image

 

サンクトペテルブルク。

ロシア帝国時代に首都として栄えた、歴史ある都市。

 

現在、日本とヨーロッパを行き来する飛行機は、サンクトペテルブルク上空を通過する。

わが社の便でも飛行経路に入っているため、機長がその街の名をアナウンスする。

 

あれを日本語に訳しているのが、わたしたち日本人乗務員だ。

機長やパーサーから入った情報を即座に翻訳して、乗客の皆様にお伝えする。

外資系エアラインの機内アナウンスに、ときおり不自然さを感じるのはそのためだ。

 

長年この仕事をしているので、大体のことは頭に入っている。

お客様の前でキャプテンアナウンスが始まっても。

顔でにっこり笑いながら、耳でしっかり聞いている。

 

しかしまれにマニュアル通りでないことや、聞いたことがないような街の名前が飛び出すことがある。

そんなとき、わたしは時機を見計い、操縦室にインターフォンコールをする。

 

ピ、ポ…

 

「やあ!Viki、どうしたの?」

「サンクトペテルブルクの次は、どこを飛ぶって言ったの?」

「○△☆∞◇*▼だよ」

(わははは、わからん)

 

ロシアの地名には、発音が難しいものが多い。

だが、聞いて分からなくたって、スペルさえ見ればなんとかなる。

わたしは手が空いたとき、操縦室へ向かう。

 

到着まで、ほとんど訪問客のない操縦室。

でもパイロットだって血の通った人間。

ときに人恋しくなるのだろう。

こんなわたしでも、行くと手厚い歓待?を受けることができる。

 

空港でのブリーフィング以来、あまり顔を合わすことのないコックピットクルーとキャビンクルー。

操縦室を訪れるのは、大事なコミュニケーションの機会であるとわたしは思っている。

 

飛行機というのは、つねに同じルートで飛んでいるわけではない。

天候やその他の都合によって、少しずつ違う場所を飛行するからである。

そんなことを知るにつけ、空の旅は興味深いと感じる。

 

クスミティー【サンクトペテルブルク】

 

f:id:ciel114:20201014190702j:image

 

サンクトペテルブルク生まれの紅茶、クスミティー。

わが社のビジネスクラスにも採用されている、ヨーロッパで評判のブランド。

 

今回ご紹介するのは、クスミティーを代表するフレーバーのひとつ、サンクトペテルブルク。

メゾンを象徴するヒストリックブレンドのなかでも、三本の指に入る人気商品である。

 

▼Amazonクスミティーストアはこちら

 

アールグレイをベースに、キャラメル、レッドフルーツ、バニラのニュアンスを加えた芳しい風味。

クスミティー生誕の地、サンクトペテルブルクに捧げる、オマージュ的なブレンドだ。

 

f:id:ciel114:20201213031918j:image

 

スッキリした味わいのアナスタシアと対照的な、ふくよかな口当たり。

より甘く豊かな香りがお好みの方には、こちらがおすすめ。

お気に入りのティーカップとポットでいただくと、おいしさが倍増。

 

f:id:ciel114:20201014193824j:image

 

入社以来ずっと、当たり前のように飛んでいたサンクトペテルブルク。

誦じるほどに繰り返した、機内アナウンス。

 

「機長に代わりましてご案内いたします。当機はまもなく、サンクトペテルブルク上空を通過し…」

 

世界の空が分断された今。

機窓から見えた、あの広大な大地を想う。

早くまたヨーロッパで、クスミティーの店を訪れる日が来ることを切に願う。

 

▼クスミティー公式オンラインブティックはこちら

 

 📕人気ナンバーワンブレンド、アナスタシアのレビューもどうぞ。

www.ciel114.com

 

人気ブログランキングに参加しています☕️

応援クリックをいただけると励みになります⬇️


客室乗務員ランキング