ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。 フライトエピソードをはじめ、オフの日のあれこれ(おもに宝塚歌劇)について綴っています。

もしも航空会社が、タカラヅカとコラボしたら?【宙組編】

もしも航空会社が、タカラヅカとコラボしたら?

 

f:id:ciel114:20190831162807j:plain

スター・ウォーズ特別塗装機「R2-D2 ANA JET」

スター・ウォーズ機との遭遇

 

フライト終了後。

飛行機を出て、入国審査場まで歩くのが好きだ。

仕事が終わったという開放感もあって、クルーと軽口をたたきあう。 

「キャプテン、今日のランディング(着陸)は、とってもスムーズだったわ」

「わたしじゃない。コーパイ(副操縦士)だ。彼を褒めてやってくれ」 

ベースでのブリーフィング以来、コックピットとキャビンに分かれていたクルーが、ようやっと顔を合わせる瞬間でもある。

 

ある日のこと。

飛行機を降りたら、目前にドドーンとANAのスターウォーズ機が。

若いクルーは、インスタ映えするその機材を、一生懸命カメラにおさめていた。 

成田空港の場合、飛行機を降りてすぐではなく、ゲート付近で集合する。

年配のクルーは、若い子たちが来るのを待っていた。 

夢中になって写真を撮っていると、パーサーが戻ってきて 

「こらこら、おまえさんたち、はやくこっちに来なさい。みんな待ってるぞ」

「はぁ〜い」(なぜかヤングチームに混ざっているわたし笑)

まるで、大家族で旅行しているかのようだ。

子どもたちが好奇心旺盛で、あちこちで足を止めるのを、大人たちが待っている。

「ホラ、もう行くよ」

と言いながらも、子どもの気持ちを尊重して、ちゃんと待ってやる。

ウチの会社は、そんな家庭的な雰囲気にあふれている。

 

大阪に帰省するさいに、たまたまスターウォーズ便に乗り合わせたことがある。

搭乗口では、ヨーダの巨大ぬいぐるみがお出迎え。

紙コップも、ヘッドレストカバーも、クルーのエプロンもスターウォーズ柄。

安全に関するビデオだって、ディズニーランドの「スターツアーズ」を連想させる趣きとなっている。

そう言うとヤングたちは、「ワーオ!乗りたーい!」と大はしゃぎ。 

だがわたしは、ひとり心のなかで二度と乗りたくないと思っていた。

 

あなたの知らないスターウォーズフライトの世界 

 

その便は満席だった。

わたしは、三人がけの席のド真ん中。 

右隣(以下 ライト氏)は、全身迷彩柄の服を着た男性。

戦場カメラマンばりの立派なカメラ機材を、足元いっぱいに置いている。

スマホケースは、トルーパー(白い兵隊)のマスクを模したもの。 

左隣(以下 レフト氏)は、ネクタイに白いシャツと紺色のスラックス。

ブリーフケースを持った、一般的なサラリーマン風の男性。 

その二人がまぁ。

乗ってきた瞬間から、ガサガサガサガサ忙しいんだわ。

ライト氏は、いきなりテーブルを出して、その上にフィギュアっていうんですか。

スターウォーズのキャラクター人形をズラーッと並べて、ごっついプロ仕様のカメラでバッシバシ写真を撮りはじめた。

紙コップのとなりにダース・ベイダー置いてパシャ!

紙コップのまえにR2–D2置いてパシャ!

配置換えしてまたパシャ!

 

なんぼほど撮っとんねん。

 

レフト氏は、スターウォーズ柄のエプロンをつけた可愛いCAに向かって

「素敵ですね。写真お願いしてもいいですか?」と聞いていた。 

若いCAは、「わたしでよろしいんでしょうか?」と言いつつ髪の乱れを直して、にっこりと笑顔をつくった。

エプロンを口実に、写真撮影を依頼するとは。

 

ジェントルマン、おぬしも策士やのう。

 

「ありがとう」

うれしそうに写真を確認する彼。

距離が距離だけに、いやでも目に入ってくる。

 

ハッ( ̄◇ ̄;)

 

CAのアタマ切れてるやーん!

 

レフト氏は、CAの顔なんてどうでもよかったのだ。

エプロンの写真を、うっとりと見入っている。

 

なんやねんこの世界!

 

その後も彼らは、シートベルトサインが消えるまで、ガサガサガサガサ動きつづけた。 

東京〜大阪という、短い飛行時間。

だけどわたしにとっては、狭い空間をヘビーなヲタクに挟まれた、苦行のようなフライトだった。

 

もし、宙組メンバーがエアラインクルーだったら?

 

だが考えてみた。

もしこれが、タカラヅカフライトだったら?

しかも、宙組フライトだとしたら? 

わたしだって、彼らと同じ動きをしただろう。

いや、輪をかけて不審だったかもしれない。

考えているうちに、妄想がだんだん広がっていく。

 

ようこそ 華麗なる妄想フライトへ【コスモス(宙組)エアライン】

 

機体には、トップスター真風涼帆氏を中心に、宙組組子全員の写真。

尾翼には、「SEIZE the DAY」の文字。

ゲートのガラス越しに、おおぜいの人々が写真を撮っている。

 

搭乗者には、コスモスフライト限定ポストカードと、次回公演のチケットが当たる抽選券が配布される。

ボーディングミュージックは、ミュージカル「シトラスの風」より「明日へのエナジー」

 

シトラ〜ス シトラ〜ス シトラスの風よ〜

ブランニュー ウィング(まっさらな翼)

いま〜 シトラスの羽根が飛ぶ〜 

⬆︎ 替え歌です

 

そしてもちろん、紙コップも、ヘッドレストカバーも、クルーのエプロンも。

すべて、真風さんと芹香さんのサイン入りだ。

 

機内誌には、機内でしか買えない真風氏監修グッズ。

パスポートケースや斜めがけのポシェット、ブランケットにスリッパなど。

ゆりかちゃんと一緒に旅をしている気分になれる、すてきなトラベルアイテムが勢ぞろい。 

 

妄想していると、だんだん楽しくなってきた。 

もし、クルーがジェンヌさんだったら?

一日かぎり、宙組のみんなが乗務することになったら?

 

✈︎✈︎✈︎ フライトの始まりから終わりまで、シュミレートしてみよう ✈︎✈︎✈︎

 

全席がSS

 

搭乗口で迎えてくれるのは、キラキラ笑顔のトップ娘役、星風まどかちゃん。

「天は赤い河のほとり」の公演にちなんだ、ハート型のアメちゃんをもらう♡ 

 

中に入ると、あっきーさんのウェルカムアナウンスが流れてくる。

「ご乗客のみなさま。本日は、コスモス航空OC11(オーシャンズ11)便にご搭乗いただきまして、まことにありがとうございます。パーサーの、澄輝さやとです」

 

つづいて、非常用設備の説明。 

左右の通路に、デモキットを持った蒼羽りく氏と桜木みなと氏がスタンバイ。

アナウンスにあわせて、救命胴衣のデモンストレーションがはじまる。

ふだんなら軽くスルーしてしまうくせに、オペラグラスを使ってガン見。

 

わたしは、救命胴衣になりたい(以下自粛)

 

右を見るか左を見るか。

目が忙しい。

 

出発の準備が整い、クルーも着席。

非常口付近に座っているのは、和希そら氏。

しかもわたしは、向かい合わせの座席。

うかつに目があって、笑顔でも向けられたあかつきには!

呼吸困難におちいり、いきなり酸素マスクのお世話にならないといけない。

(そらくんに介抱されることを思うと、それはそれでよき←殴)

 

そして飛行機が、巡航高度に達したとき。

操縦室から、聞きなれた【あの声】が! 

「みなさま、本日はようこそ、コスモスエアラインにご搭乗くださいました。機長の真風涼帆です。この便には、わたくしと二名の操縦士、芹香斗亜愛月ひかるが乗務いたしております。どうぞごゆっくり、おくつろぎください」 

キャー!

ゆりかちゃんが操縦桿を握っているなんて…

もう、天にものぼる気持ちですよね〜⤴︎

…って、飛行機の上だから、すでにのぼってるか。 

機長のアナウンスはつづく。

「当機はただいま、マラシャンティアのほとりを順調に飛行中です。これよりフィレンツェ、ロシア上空を経由して、一路ラスベガスへとまいります」

 

機内サービス

 

とろけるような声に聞き惚れていると、ミールサービスがはじまった。

ギャレーからただよう、いいにおい。

左側通路には、瑠風輝氏と夢白あや嬢。

右側通路には、鷹翔千空氏と天彩峰里嬢。

それぞれがカートをひいて、にこやかに出てくる(想像しただけでかわいい)

食前酒にはテキーラをベースにした、ラスベガス・カクテルが配られる。

お酒が飲めないひとには、おいしいノンアルコールカクテルも用意されている。 

機内食は、レストラン フェリエまたは、和食のくすのき監修メニューから、お好きなものをチョイス。

食後には、ジェラートショップ ボヌールより、次回公演にさきがけた(酢)デザートが提供される。 

アルザワから取りよせたワイン(毒は盛られていない)

最高級のキャンティ(フィレンツェ)に、香り高いウォッカ(ロシア)

フレッシュなサングリア(スペイン)に、極上のウィスキー(アクアヴィーテ:追記) 

宙組にまつわる、ありとあらゆるお酒が堪能できる。 

 

ほろよい気分で食事を終えたら、機内エンターテインメントをチェック。 

個人用スクリーンでは、タカラヅカ オンデマンドスカイステージが視聴できるが、頭上の大きなスクリーンには、コックピットのようすが映し出されているので、目がふたつでは足りない。 

また、備えつけのリモコンを使って、公演のタイトルを冠したRPGが楽しめる。

もちろん、組子本人たちが登場する、本格的なものだ。

 

「ユーリ、おまえ、ほんとうに俺の妻にならないか?」

➡︎YES

⬅︎NO

あなたなら、どっちを選ぶ?

 

そうこうしているうちに、飛行時間もあとわずか。 

真風と星風。

ふたつの追い風の影響をうけ、飛行機は速度を増す。  

そして予定時刻よりも早く、無事ラスベガスに到着。 

「これをもちまして、本日のフライトは終了いたしました。お忘れ物のないよう、お気をつけてお帰りください。またのご搭乗を、お待ち申し上げております」 

お別れソング「すみれの花咲く頃」を聴きながら、乗客は先に降機。

興奮冷めやらぬまま、ゲートで出待ち。 

 

ほどなく、ANAの制服に身を包んだコックピットクルーが出てくる。

肩と腕の部分についている、金のストライプがまぶしい。 

帽子をとって、カッコよくギャラリーにあいさつをする三人。

キャビンクルーも、にこやかにあとにつづく。 

その日のツイッターとインスタは、とんでもないことになるでしょうね。

 

コラボフライト考察 

 

スターウォーズヲタを揶揄していたけれど、自分の好きなものと航空会社がコラボすると、こんなに楽しいんだってわかった。

妄想レベルでここまで楽しめちゃうわたしは、タカラヅカフライトが実現したらどうなるんだろう。 

きっと、アクリルスタンドやブロマイドと一緒に、紙コップの写真撮ってるだろうな。

宙組カラーの淡いパープルのお洋服なんか着ちゃって。

 

CAの顔なんかそっちのけで、エプロンの写真撮るんだぁ(コラッ笑)

 

ああ〜もう、夢は広がるばかり。

全日空さん、つぎはどうかぜひ、宝塚歌劇とのコラボフライトをお願いします! 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

「読んだよ〜」のかわりに、応援クリックをいただけると励みになります。

 


客室乗務員ランキング