ミセスCAのオン&オフ日誌

🛫 空、タカラヅカ、英語、ときどきジュエリー 💍

もしも、もっと英語が使えたら【同時通訳になりたい】

もしも、もっと英語が使えたら【同時通訳になりたい】

 

 

わたしは英語が使える。

 

でももし、もっと使えるようになったら。

 

憧れの同時通訳者になってみたい。

 

永遠の夢【同時通訳者】

 

テレビやネットで耳にする、同時通訳の方々の語学力の高さに愕然とする。

あえて「英語力」とは言わず「語学力」とした理由は、日本語力もすごいからである。

 

あんなにスピード感のある話し言葉を、瞬時に適切な日本語に変えて表現できる能力。

 

特別な訓練を受けているのだろうが、そこに行きつくまでの努力を思うと気が遠くなる。

 

わたしは、外資系の航空会社で働く客室乗務員である。

 

わたしの場合、同時通訳ではないが、それに準ずる役割がある。

 

それは、機長やパーサーが外国語でアナウンスしたあと、同じ内容を日本語に訳してお客様にお伝えすること。

 

英語を母国語とするエアラインを除く、ほぼすべての機内では、その国の言葉と英語の両方でアナウンスが行われる。

 

日本とその国を結ぶ路線には、ほとんどの飛行機に日本人CAが乗務している。

わが社の場合、現在は一機につき一名体制なので、その責任は重大だ。

 

サービス中、どんな業務の途中でも。

コックピットから機内アナウンスが聞こえてくると、耳を傾けなければならない。

 

なぜなら、「いまキャプテン、なんて言うてはった?」ときける同僚がいないからである。

 

高校や大学受験をはじめ、TOEICや英検などの資格試験、就職試験などにおいて。

日本のリスニングテストは、日常生活から離れた、静かで集中できる環境で行われる。

 

だが実際、英語を使う仕事の現場では、不意をつかれるシチュエーションが多いと思われる。

 

ましてや飛行機の中は、機体から出る機械音をはじめ、食器がたてるガチャガチャという音、人の話し声など、雑音がとても多い。

 

そんな状況下にあっても、スピーカーから聞こえてくる内容をきちんと聞きとって、正しい情報をわかりやすく伝達しないといけない。

 

だから何年経っても、マニュアルにはないアナウンスが入ると身構えてしまう。

予期せぬトラブルに見舞われたときなんかは、内心ばくばくしている。

 

同時通訳の人たちは、それを専門にされているとはいえ。

ある程度なにを言われるか分かっているわたしたちに比べると、はるかに広い範囲の知識が必要とされる。

 

もっというと、話し手の感情を汲み取ったり、聞いている人すべての気持ちに寄り添った解釈が求められる。

 

わたしなど、まだまだ足元にも及ばないが。

ここは、もしもの話をする場所だと思って、思いきって言ってみる。

 

「もしも、もっと英語が使えたら」

 

テクニック以上の、人としての器の大きさが求められる職業。

語学を操る総合力を身につけた、同時通訳者になってみたい。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩


日々の出来事ランキング