ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系CAのブログ。 フライトエピソードの他、宝塚・ジュエリー・コスメ・ワインなどの情報を発信しています。

わが社のミセスパイロット

f:id:ciel114:20190327022734j:plain

【ミセスCAのオン&オフ日誌】

などと銘打ちながら、油断するとすぐ、

【ミセスCAのオフ観劇日誌】

になってしまうので、今日は昨日のフライトについて書きたいと思う。

 

女性パイロット

 

その便の機長は女性。

女性の操縦士には何人か会ったことがあるが、女性の機長は珍しい。

 

現在、わが社でインターコンチネンタルを飛んでいる女性機長は7名だとか。

ドメスティックやインターヨーロッパには数十名の女性機長が在籍しているが、長距離便になるとやはり男性社会なのだなと思う。

 

キャプテン・シャーロットは言った。

 

「パイロットの仕事は、意外と女性向きなのよ」

 

さえざえとした白い肌。

聡明であることが一目でわかる、澄んだ青い瞳。

長い髪をきりりと一つに束ねたその姿は、まるで往年の女優のようだ。

 

「細かいところに気がつかないといけないでしょ」

 

たしかに。

 

コックピットには、ナンジャコリャというくらい、たくさんの計器がある。

それらすべてに気を配って、膨大な量のタスクをこなす。

 

コツコツと抜かりなく物事を進めていく作業は、ある意味女性向きだと言えるかもしれない。

 

「それに、力仕事もないしね!」

そう言ってお茶目な笑顔を見せるシャーロット機長に、わたしは虜になってしまった。

上品でフェミニンな顔立ちなのに、4本線の入ったいかつい肩章を身につけている。

 

わたしが「パイロットというより女優さんみたい」と言うと、

「あらやだ。これからはもっと日本路線を飛ばないとね!」

と言って笑った。

 

フライト中に入る機長からのアナウンスも、いつもは男性の声なので不思議な感じがする。

でも慈愛に満ちた、それでいて頼もしい声を聞くと、とても誇らしい気分になる。

 

フライトの終わりに、「あなたを誇りに思います」と告げると、

「わたしもよ」と答えてくれた。

 

近いうちに、ふたたび彼女のもとで働ける日を楽しみにしている。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

愛犬シエルに応援クリックを頂けると励みになります。

 


客室乗務員ランキング