ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

2018年 オリンピック冬季競技大会【平昌五輪】開幕!

3CF34667-C945-444F-BC36-A6E717B023F2.jpeg

 

平昌オリンピック開会式。

すばらしかったですね。 

感動で、始終ウルウルしっぱなしだったわたし。

涙腺が弱くなったら、歳をとった証拠かな…。

 

昨日フライトから帰って来た。

一緒に働いたスチュワードのひとりが、このフライトのあとオリンピックを観るためバケーションを取っていると言っていた。

「平昌に行くの?」 

と訊いたら、

「ううん、家で観る。」 

ですって。 

そっか!

ヨーロッパとアジアの間には時差があるから、オリンピックをガチで楽しもうと思ったら、休みを取るのがいちばんだ。

無防備に楽しむだけ楽しんでいたら、睡眠不足に陥ってしまう。

 

われわれの仕事には、土日も祝日もない。

だから、好きなときにまとめて休暇を取る。

ヨーロッパでは、どんな職業の人でも、二ヶ月ほどのバケーションがある。

日本人は長くても二週間だよと伝えると、心底同情した顔になる。

バケーションのために仕事を頑張る。

モチベーションがあるから頑張れるのだと、キラキラしたまなざしで彼らは言う。 

日本人の勤勉さは世界に誇れるものだけど、そろそろ世界基準に合わせてもいい頃じゃないかしら。

 

オリンピックやサッカーのワールドカップが始まると、機長によっては試合結果をアナウンスする人がいる。

オランダ対デンマークの試合では、三対一でデンマークがオランダを破った、とか。

スウェーデン人が何個メダルを獲得した、とか。

ここだけの話、日本人にとってはまったくの誰得情報。

だが機長やパーサーのアナウンスを即時通訳するのが、日本人乗務員の役目。

ジントニックを作っていようが、赤ちゃんをあやしていようが、頃合いを見計らっていったん手を止め、近くにあるマイクに向かう。 

日本とまったく関係のないアナウンスを入れるとき。

不思議な感覚を覚える。

それでも自分の働いている航空会社の母国が勝つと、ほのぼのと嬉しい気持ちになるのは、長年勤務している情みたいなものだろうか。

 

2018年、冬季オリンピックは開幕したばかり。

お隣の国、韓国には時差がないから、いつもよりかは負担のない観戦日和となりそうだが、特番などもたくさん組まれている。

体調管理にはじゅうぶん気をつけて、歴史的感動の瞬間を見届けよう。

 

  

✈︎人気ブログランキングに参加しています。

励みになりますので、よろしければポチッと応援お願いします。

 


人気ブログランキング