ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

羽生結弦選手に捧げるオマージュ【2018年平昌オリンピック/フィギュアスケート男子】

羽生結弦選手に捧げるオマージュ【2018年平昌オリンピック/フィギュアスケート男子】

 

F79B8842-DF85-483E-9F99-0B040901C502.jpeg

 

世紀の瞬間を見た。

 

金のメダルと、銀のメダル。 

羽生選手、宇野選手、おめでとうございます!

 

表彰台から手を振る、二人の日本人メダリスト。

いま、こんなにも感動を与えてくれる存在が他にあるだろうか。

 

彼らは紛れもなく時代の、そしてスケート史に名を残すヒーローたちである。

 

 

シャンパンの泡のような、儚くも確かな瞬間をとらえる

 

昨日はテレビにかじりついて羽生選手のショートプログラムを応援していたわたし。

 

だが、今日は前々から予定されていたママ友たちとのランチ会。 

 

リアルタイムでフリーの演技を観ることはできないなと思っていたら、友だちのお嬢さんがNHK平昌オリンピック特設サイトのURLをラインで送ってくれた。

 

「本当に観れるのかしら?」

 

モバイルに明るくない世代のわたしたちは、半信半疑でスマホをいじってみた。 

 

すると!

 

(み、観れる!!)

 

表参道のお洒落なフレンチレストラン、CILQ。

とても優雅で静かなお店だったので、音声を出すことはできなかったが、小さな画面にみんなで頭を突き合わせて、食い入るように見入った。

 

スマホという、小さな小さな窓から。 

はたまた、お茶の間のテレビに向かいながら。

あるいは、現地で同じ空気を吸いながら。

 

日本が、そして世界が。

固唾をのんで氷上の美しき闘士を見つめた。

 

真っ白いリンクに、ただひとり降り立つ。

燃えるような熱いまなざし。

その視線のさきには、なにが見えているのだろう。

 

ここに立つまでの間、いったいどれほど孤独な闘いを続けてきたのか。 

ケガとの闘い。 

周囲からのプレッシャーとの闘い。 

そしてなによりも、内なる自分との闘い。

 

すべてを乗り越え、リンクの中央に佇む。

静かに、ただ静かに。

 

曲がはじまると、彼はまるで天からの啓示を受けたかのように舞いはじめる。

そこからはもう、羽生結弦だけが創り出せる世界。

 

海外メディアは羽生結弦を「帝王」「怪物」「異次元」「神」「宇宙人」などと報じた。

だが、わたしの目に映った彼は「人間」そのものであった。 

 

挫折し、苦悩し、思考し、立ち上がる。 

生命の普遍的なプロセスを完膚なきまで自らの糧とする姿は、同じ時代を生きるわたしたちに力と勇気を与えてくれた。

 

ひとりの人間が、二度の五輪を制する。 

奇跡が弾けてきらめくような。

そんな一瞬に立ち会えたことに、心から感謝したい。

 

f:id:ciel114:20190613221608j:plain

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩


人気ブログランキング