ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系CAのブログ。 フライトエピソードの他、宝塚・ジュエリー・コスメ・ワインなどの情報を発信しています。

アメリカのホストファミリーと刻む、絆という名の古時計

f:id:ciel114:20190130140034j:plain

 

思い出の町、サンタクルーズ

アメリカはカリフォルニア州にある、サンタクルーズという町に来ている。

ここはわたしが大学時代に、ホームステイプログラムで約1ヶ月間滞在したところである。

お世話になったホストファミリーとは、長いあいだ再会を誓いつつも、なかなか実現するには至らなかった。

だが高校生の息子が海外に興味を持ち、大学に合格したら同じ場所に行きたいと言い出したのがきっかけで、その日は訪れた。

息子はひとりで行きたがったが、ひとりで行かせるのが不安だったのと、わたし自身も行きたいと思ったので、短い乗務の合間を縫っていっしょに海を渡った。

 

フェイスブックでよみがえる絆

フェイスブックというのは本当にすごい。

何年何マイル遠く離れていても、ふたたび心がつながって、あのころに還らせてくれるのだから。

ホストマザーのベバリーは、チャキチャキのカリフォルニアっ子。

明るく快活な性格は、昔とちっとも変わっていない。

ブロンドの髪も太陽のような笑顔も、そっくりあのころのままだ。

ホストファーザーのリチャードは、まもなく還暦。

以前と比べて毛量が減ったとはいえ、変わらずハンサムでとてもアクティブ。

先日など息子にスケートボードを教えてくれたほどだ。

彼は若いころBMXの選手だったので、運動神経バツグン。

人に教えるのも上手なので、初心者の息子がものの数分で基礎を身につけることができた。

 

f:id:ciel114:20190130144639j:plain

 

黒猫のオズィー

けさはベバリーと息子のふたりで海岸までランニングに出かけていった。

わたしは新しい友達、黒猫のオズィーとお留守番←走りたくないだけ笑

ちなみにオズィーは、おじいさんのオズィーじゃなくて、オズワルドのオズィーだそうです(そらそーやろ)

「まっくろだから撮っても意味ないよ」と言われたけど、コロンとしたフォルムがかわいいのです😍

 

f:id:ciel114:20190130144224j:plain 

 

息子に引き継ぐ、わたしのたいせつな宝もの

受験戦争の真っただ中、息子がなぜここにいられるのかというと、推薦で大学が決まったからである。

サッカーを始めてからは、盆暮れ正月以外休みが取れなかったため、家族旅行というものからすっかり遠ざかっていた。

失われた時間を取り戻すかのように、この冬は親子でいっしょに過ごしている。

 

今日はベバリーの両親、アーニーとダイアンと再会を果たした。

変わらぬ温かさで包んでくれる彼らに、どうやって感謝の気持ちを伝えよう。

週末には、ステイ中よくいっしょに遊んだベバリーの姉弟たちと、その子供たちが集まることになっている。

当時は存在しなかった、お互いのたいせつな者たちが顔を合わせる。

海を越え時を超え、眠っていた絆という時計がふたたび時を刻む音が聞こえる。

 

日本から、たくさんの食材を持ってきた。

週末のランチには、ざるそばをふるまう予定だ。

お皿やそば猪口だけでなく、和風のランチョンマットや箸置きなども持参した。

だれも食べたことがないというので、気に入ってもらえるかどうか心配だが、ほかに肉料理も用意するつもりなので大丈夫だろう。

わたしが息子と同じ年端に訪れたこの土地で、彼は何を思うのだろう。

息を吹き返した古時計を、ていねいにメンテナンスしながら、出会いという名の新しい時間を大事にしてほしいと願う。

 

 

以下は関連記事です。

よろしければ併せてご覧ください。

www.ciel114.com

  

www.ciel114.com

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリック頂けると励みになります。

 


人気ブログランキング