ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

飛行機から見えるオーロラ

飛行機から見えるオーロラ

 

f:id:ciel114:20190402192744j:plain

 

 

33,000フィート上空で出会う美しいオーロラ

 

わが社の飛行機には、ギャレー(お台所)が3つある。

 

ひとつは、コックピット(操縦室)のすぐうしろ。

もうひとつは、機体の中央。

そして機体の最後尾に、比較的大きいのがひとつ。

 

先日、コックピットに隣接しているギャレーで働いていたわたし。

 

パイロットが、チョイチョイと手招きをする。

ナニナニ?と思って近づくと、

 

「オーロラが見えるから、手が空いたらコックピットにおいで」

 

 

オーロラは、飛行機のどこで、いつ、どうやって見える?

 

冬から春にかけて。

ヨーロッパから日本へと向かう便では、機体の左手にオーロラが出没することがある。

 

これは長年空で働いているからといって、そうなんども見られるものではない。

いそいそとコックピットに入る(間口は狭い)

 

コックピットの窓は、180度のパノラマ。

左手前方に、あざやかなネオングリーンが見えている。

 

うねうねとうごめく、静かで厳かな光のパレード。

大自然の神秘に、目も心も奪われる。

光なのに生命力を感じる、それがオーロラ。

 

サービス精神旺盛なキャプテンが、レーダーを指さしながら、いまどのあたりを飛んでいるのか説明してくれる。

 

 

オーロラが見えた日、乗客がとったおそるべき行動

 

もうお客さまがお休みになっている時間だったので、今日のパーサーはアナウンスをしなかった(よかった…)

 

「オーロラアナウンス」をしてしまったばっかりに、えらいことになったフライトはこちら

 

www.ciel114.com

 

オーロラの光を分かち合う

 

気まぐれなオーロラが、その姿を見せてくれる瞬間。

コックピットクルーだけで独占するのではなく、キャビンクルーを呼んで感動を共有させてくれる。

 

オーロラが見れるのは、ほんの一瞬。

いまを逃すと、次はいつ出会えるかわからない。

 

仕事を、そして人生を楽しむ同僚たちの姿勢には、いつも勇気づけられる。

オーロラに出会えた日には、クルー同士の絆をより強く感じる。

 

  

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩


客室乗務員ランキング