ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。 フライトエピソードをはじめ、オフの日のあれこれ(おもに宝塚歌劇)について綴っています。

飛行機から見えるオーロラ

飛行機から見えるオーロラ

 

f:id:ciel114:20190402192744j:plain

 

33,000フィート上空で出会うオーロラ

 

わが社の飛行機には、ギャレー(お台所)が3つある。

ひとつは、操縦室のすぐうしろ。

もうひとつは、機体の中央。

そして、機体の最後尾に、大きいのがひとつ。

 

先日、操縦室に隣接しているギャレーで働いていたわたし。

パイロットが、チョイチョイと手招きをする。

ナニナニ?と思って近づくと、

 

「オーロラが見えるから、コックピットにおいで」

 

とのこと。

 

冬から春にかけて。

ヨーロッパから日本へと向かう便では、機体の左手にオーロラが出没することがある。

これは、長年飛行機で働いているからといって、そうなんども見られるものではない。

 

ワクワクしながら操縦室に入る。

夜空に浮かぶ、あざやかな蛍光のグリーン。

うねうねとうごめく、光のパレード。

大自然の神秘に、目も心も奪われる。

サービス精神旺盛なキャプテンが、レーダーを指さしながら、いまどのあたりを飛んでいるのか説明してくれる。

 

もうお客さまがお休みになっている時間だったので、今日のパーサーはアナウンスをしなかった(よかった…)

  

📕 オーロラアナウンスをしてしまったばっかりに、えらいことになってしまったフライトはこちら。

www.ciel114.com

  

気まぐれなオーロラが、その姿を見せてくれる瞬間。

コックピットクルーだけで独占するのではなく、キャビンクルーを呼んで、感動を共有させてくれる。

オーロラに出会えた日には、クルー同士の絆をより強く感じる。

 

  

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。


客室乗務員ランキング