ミセスCAのオン&オフ日誌

ちょっぴりオタクな外資系CA の日常

宙組【ネバーセイグッバイ】カマラーダと巡る宝塚への旅

宙組【ネバーセイグッバイ】カマラーダと巡る宝塚への旅

 

f:id:ciel114:20220228005657j:plain

撮影時のみマスクを外しています(ピロっと出てるけど🤣)


宝塚に向かっている。

乗客まばらな、東京発博多行きの「のぞみ号」

ひとつ空けた隣の席には「大分大学」と書かれた赤本を広げた男の子。

白いページから、片時も目を離さない。

きっと明日が試験日なのだろう。

なんだか、親のような気持ちになってしまう。

 

俺たちはカマラーダ

 

大阪駅で、ヅカ友であり親友のKちゃんと待ち合わせている。

このたびの「ムラ(宝塚大劇場周辺をこう呼ぶ)」遠征は、真風涼帆さん主演の『NEVER SAY GOOD BYE』を見るためだった。

幸運なことに二日連続でチケットが取れたので、ヅカファンに大人気の「宝塚ホテル」に一泊することにした。

 

宙組贔屓のわたしたち。

2020年の『アナスタシア』では、天国のような時間を過ごした。

だが今回はコロナ禍で公演が中止となり、奈落の底に落とされてしまった。

このご時世、いつそうなるか分からないのは心に留めていたつもりだ。

しかし、いざそうなってみると、涙が溢れて仕方なかった。

公私ともに苦しい日々が続くなか、ひとすじの光だった宝塚観劇ツアー。

神は、それさえも取り上げてしまわれるのか…

 

わたしは、Kちゃんに提案した。

舞台を観ることはできないけど、この旅行はキャンセルしたくないと。

Kちゃんと、宝塚について話すだけでも心は癒される。

宝塚の土地で、宝塚を感じるだけで、気分は晴れるだろう。

Kちゃんは快くOKしてくれた。

 

宝塚について話すと朝になってしまうくらい(ヅカオタ)のわたしたち。

高校が同じで共通の友達が多く、また息子が同学年など、話題には事欠かない。

わたしたちはカマラーダ(スペイン語で「同志」)

どんな苦境でも、ともに明るい未来を目指して進むのだ。

 

たとえ観れなくても天に誓えるわ、この愛だけは真実

 

そうと決めたとたん。

ただじゃ転ばん!とばかりに、綿密な計画を立て始めた。

JR大阪駅に着いたら、まずはルクアの「マイストラーダ」で洋服が見たい。

できれば、その前にタコ焼きが食べたい。

(食べたのはこちら)

 


その後、マルーンカラーの阪急電車に乗って、宝塚駅へと向かう。

 


タカホ(宝塚ホテルの通称)にチェックインしたら、ラウンジでアフタヌーンティー。

夜は「組カクテル」を飲んで、宙組さんに思いを馳せる。

 

 

(お姫様気分に浸れる可愛いカフェ「ラウンジ ルネサンス」)

 

≫ ラウンジ ルネサンス/宝塚ホテル

 

翌日は、池田にある歌劇団創設者・小林一三先生の邸宅を改装したレストラン「雅俗山荘」さんにてランチ。

 

 

(宝塚ファンなら、ここは外せません!)

 

≫ 邸宅レストラン 雅俗山荘

 

最後に梅田に戻って、また少し散策したら、夜の新幹線で東京に帰る。

われながら充実のプランだ。

 

宝塚の街は閑散としていることだろう。

劇場の扉は固く閉ざされ、あたりには冷たい空気が流れているはずだ。

 

だけどわたしたちは行く。

タカラジェンヌの魂が宿る、あの場所を目指して。

 

ここまで来たら、ホンマもんのオタクやと思うけど。

オタクなんやからしゃーない。

 

明日をめざし歩いていこう、友を信じて

 

まもなく名古屋に到着する。

御園座では、星組さんが『王家に捧ぐ歌』を上演されている。

日本のどこかで宝塚の幕が開き、喜びに満ちたファンが集まっている。

マスクで隠れてはいるけれど、すべての人々が微笑んでいるはずだ。

そう思うだけでも、胸がいっぱいになる。

 

ヒーローやヒロインに会えないかわりに。

わたしたちが、この旅のヒロインになる。

 

お隣の受験生は、折り畳みテーブルをハサミや付箋でいっぱいにして頑張っている。

わたしも、いろいろとがんばろう。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると嬉しいです。

 

 


日々の出来事ランキング