ミセスCAのオン&オフ日誌

🛫 空、タカラヅカ、英語、ときどきジュエリー 💍

ヅカオタのヅカオタによるヅカオタのための英語インスタ【Study宝塚】

ヅカオタのヅカオタによるヅカオタのための英語インスタ【Study宝塚】

 

f:id:ciel114:20220319181053j:plain

宙組公演『NEVER SAY GOODBYE 』で学ぶ過去完了進行形

 

Hello, everyone!

 

2021年8月30日に始めた「ヅカオタのヅカオタによるヅカオタのための」インスタグラム。

 

最新投稿へは、こちらから飛べます✈︎

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by StudyTakarazuka@Viki/宝塚で学ぶ英語 (@takarazukaenglish)

www.instagram.com

 

約8ヶ月で、たったの53投稿。

しかも、アップは不定期というのにもかかわらず。

現在、およそ660名の方々がフォローしてくださっています。

いつも見にきてくださるみなさま、本当にありがとうございます。

 

このなかには、わたしの知り合いや、英語そのものに興味がある方も含まれていると思いますが、宝塚歌劇を心から愛する、いわば「ヅカオタ」の方がほとんどだと推察します。

 

当初は「宝塚を通して英語を学ぶ」というコンセプトでスタートしたこのアカウント。

なので万人受けするように、比較的ライトめな(?)テーマを選んでいました。

 

それがだんだん特定の舞台に関する、観た人にしかわからないような内容を取り扱うように。

その結果、今はどちらかというと「英語を使って宝塚を楽しむ」みたいな流れになっています。

 

最初はためらわれた歌やセリフも、その日とりあげたテーマがより印象づけられるよう、感情を込めて吹き込んでいます。

 

たいせつなのは、日常生活に落とし込めるような表現をお伝えすることなので、いくら有名な歌やセリフであっても、実用的でないと思われるものはピックアップしていません。

 

たとえば、ミュージカル『エリザベート』の主人公・トート閣下の決め台詞、「死ねばいい!」なんか、その最たるものだと思います。

 

おもしろそうだから、いくつか例文を考えてもみたのですが

「行けばいい!」

「買えばいい!」

「観ればいい!」

なんか、どれをとっても、ふだん使わないなと。

 

同じ作品でも、皇太子ルドルフの「もう、生きるあてもない」などは、比較的汎用性が高そうです。

え?「ちょっとなに言ってるかわからない」って?

すみません、ご説明します。

 

コロナ禍で公演が中止になることも多い昨今。

宝塚の舞台を生き甲斐にがんばっているのに、観る機会が失われたら。

「I have no hope to live」と言うのは、とてもしっくりくると思うんです(個人的に)

 

チケットを買うお金がないときは

「I have no money to buy a ticket 」

ミュージカルを観に行く時間がないときは

「I have no time  to go to see a musical 」

 

ここで覚えるべきは、「have no 〜to …」で「…するための〜がない」という用法です。

自分が知っている作品や、聞いたことのあるフレーズを通してみると、難しいと思われる構文も楽しく身につくと思います。

 

みなさんもぜひ、ご自身のライフスタイルやシチュエーションに置き換えて、独自の例文をつくって楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

All right!

That's all for today.

Thank you for reading.

See you next time♪

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります📣

 


日々の出来事ランキング