ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社で働くVikiのブログ。コロナで日本便運休中のためオフですが、ふたたび飛び立てる日を夢みています。

すみれ色のニットを買いました

お題「これ買いました」

 

すみれ色に夢中

 

わたしは、宝塚歌劇が大好き。

タカラヅカを象徴する色である、すみれ色も好き。

紫は、わたしの贔屓「宙組」のイメージカラーでもある。

だから、この色のアイテムには目がない。

 

すみれ色のトップスを買いました

 

f:id:ciel114:20210217224146j:plain

オンワード「23区」のパープルニット

 

この冬は、オンワードの「23区」で、パープルのセーターを買った。

うっとりするほど綺麗な色で、何時間でも見ていられる(笑) 

 

ピンクやブルーはたくさんあるけれど、こういう色みの服は意外と少ない。

だから見つけたが最後。

かならず欲しくなってしまうのだ。

 

今週はまた、宙組公演「アナスタシア」を観に行く予定。

そのために購入したと言っても過言ではない。

 

すみれ色の下着も買いました

 

f:id:ciel114:20210217233317j:plain

すみれの花咲く頃

 

そして先日。

またやってしまった。

観劇が近づいてきた高揚感から、スミレ色のランジェリーを買ってしまった。

とてもすてきなブラとショーツのセット。

(残念ながら?こちらは画像アップできません😂)

 

 

紫(むらさき)は高貴な色

 

「ムラサキが好きな人は欲求不満」

などと言われているが、紫ほど満ち足りた色はない。

古くから西洋世界では、王や皇帝など、身分の高い人だけが身につける色だった。

 

Born in the Purple(ボーン・イン・ザ・パープル)

 

英語で、born in the purple という慣用句がある。

これは、「王侯貴族の家に生まれる」という意味。

おもにbe動詞とともに用いられ、特権階級にいることを指す表現だ。

 

清く正しく美しく そして気高く

 

わが国、日本においても、紫は尊ぶべき色だった。

聖徳太子が制定した「冠位十二階」でも、最高位の色とされていたことは、みなさんもご存知だろう。

 

下着は、烏帽子のように、人に見せるものではない。

ただ、内側からも清く正しく美しく。

そして気高いタカラヅカファンでありたいと願うだけだ。

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

⬇️ 応援クリックをいただけると励みになります😊


日々の出来事ランキング