ミセスCAのオン&オフ日誌

外資系CA /英会話講師 Vikiの情報ブログ

真風さん退団公演『カジノ・ロワイヤル〜我が名はボンド〜』に向け始動するヅカオタの話

真風さん退団公演『カジノ・ロワイヤル〜我が名はボンド〜』に向け始動するヅカオタの話

 


音をたて近づいている。

我がご贔屓、宙組トップスター・真風涼帆さんのサヨナラ公演。

今回、東京・日比谷で観れるのは、100000分の1の確率だと言われている(by ダニーオーシャン)

 

某生徒さん筋のお友達から、ムラ(宝塚)のチケット取次のお話をいただいたので、ぜひにとお願いすることにした。

しかし、まだ確約ではない。

生徒さん席でも、取れない可能性だってある、

 

宝塚歌劇のチケットの取り方

 

多くの人に知られていないことだが、宝塚歌劇のチケット入手方法は複雑だ。

ヅカオタは、どうやってチケットを手に入れているのか。

ここではチケットが流通している正規ルートと、その買い方についてご説明しよう。

 

宝塚友の会やジェンヌさん個々のファンクラブをはじめ、ぴあやローチケ、イープラスなどのプレイガイド。

またVISAカードを筆頭とする各種クレジットカード会社や、旅行会社などに割り当てられるチケット。

これらは「応募すれば買える」のではなく「当たったら購入する権利が得られる」というものだ。

 

抽選申込期間中にエントリーしそこなったら、あとから挽回するのは難しい。

先着方式や一般、友人のツテに頼るのは、最終手段だと心得るべきだ。

だからヅカオタは、年がら年中、公演スケジュールと睨めっこしている。

まれにタカラヅカスカイステージや企業が行う懸賞に参戦することもあるが、聖なる夜でもないと奇跡は起きない。

 

このように、日ごろからあまたのチケット争奪戦に身を浸している我々。

孤独な戦いではあるが、ときには神の手が差し伸べられることもある。

チケットを譲ってくださる方々には、足を向けて寝られないと思っている。

 

だが、退団公演ともなると勝手が違う。

ジャックポットが出るのを期待して、賭け続けなければならない。

当てるまでは諦めない。

俺たちは当てる。

 

宝塚のホテルとレストランの取り方

 

もし順調にチケットを手に入れることができたら、次はお宿だ。

アカンアカン、そんな悠長なこと言うてたら。

結果が分かった段階で泊まるところを探すようでは遅すぎる。

まだ何も確かなものを手にしていないにもかかわらず。

チャレンジャーは、未来のハザマで見切り発車を決める。

そう、公演日程に合わせて、先にホテルを押さえておくのである。

 

Kちゃんとわたしの凍てついた日々

 

親友でヅカオタ、芹香斗亜さんファンのKちゃん。

真風さんトップ就任から、ともに宙組を応援してきた。

お某古都にお住まいのKちゃんと、東京在住のわたし。

ふだんはそれぞれに「ヅ活動」に励んでいるが、こと宙組公演に関しては別。

どちらかがどちらかの活動場所まで遠征し、一緒に感動を味わってきた。

真風さん退団にあたり、力が入らないわけがない。

 

www.ciel114.com

 

わたしたちは動きはじめた。

まず手はじめに、バスティーユ(ムラ)を攻撃しよう。

シトワイヤン、行こ〜う!!(ここで軍服による群舞)

せっかくムラまで遠征するなら、タカホこと宝塚ホテルに泊まりたい。

タカホは、宝塚大劇場から目と鼻の先の距離にある。

大劇場側の客室からは、カステルミラージュが一望できる。

(ちなみに反対側は魚民ビューというらしい)

 

わたしたちは、ネットで空室を検索しはじめた。

近畿日本ツーリスト、じゃらん、楽天トラベル、るるぶ…

先に調べてくれていたKちゃんからラインが入った。

「びきちんタイヘン!るるぶしか空いてない」

しかもツインは満室、シングルのみ残り4部屋だという。

諏訪(さき)一大事!

 

焦ったわたしたちは、即座にるるぶホームページにて入力を開始。

緊迫した時間が流れる。

心を一つにしてトライ。

二人ともほぼ同時に申込完了、ほっと胸を撫で下ろした。

直後に空き状況をチェックしたら「完売しました」との赤い文字。

凍てつく思いがした。

お尻を叩いてくれたKちゃんに、とても感謝している。

 

宝塚音楽学校の受験シーズンと重なる

 

お宿が決まったら、次はお食事処の予約。

梅田や難波と違って、宝塚の飲食店は数が限られているため、早めに押さえておかないとディナー難民になるのだ。

 

Kちゃんから泣き顔のスタンプが来た。

「風雅、全滅😭」

風雅と言うのはタカホの日本食レストランで、おいしい鉄板焼きが楽しめる。

わたしたちが希望している日程は、2023年の3月下旬。

まだ3ヶ月も先の予約が、ぎっしり詰まっているとは。

 

Kちゃんが聞いたところによると、ちょうどそのころ宝塚音楽学校の入学試験があるらしい。

タカホのお部屋がいっぱいなのも、周辺のご飯処が埋まっているのも。

真風さんの偉大な集客力はもちろん、受験シーズンであることも関係しているのか。

未来のタカラジェンヌさんたちが、全国から集まってくる。

終わりがあれば、始まりもあるのだ。

 

ならば我々は、喜んで身をひこう。

宝塚駅直結の阪急百貨店には、充実したデパ地下がある。

飲食店の空きがなければ、お惣菜を食べればいい。

 

 

写真は、前回ムラに遠征した際にお部屋でいただいたごちそうの数々。

夜8時までやっていて、遅い時間には割引してくれるお店もあるので超オススメ。

ワイン売り場にはソムリエがいて、良いワインをしこたま試飲させてくれた。

部屋に戻る前にできあがった感が否めないほど手厚いサービスを受けた。

おかげさまで、すばらしい夜となった。

 

白い服の準備

 

宝塚の世界では、ご贔屓様が退団するとき、ファンが白い服に身を包むのが慣わしだ。

奇しくもKちゃんとわたしは今年、アルページュストーリーで同じコートを買っていた。

退団公演を見越してと言うわけではないのに、たまたま白いスプリングコート。

はじめてお揃いを着て出かける機会が、真風さんを送り出す日になるなんて。

 

大好きな服を着て、大好きな人の門出を祝う。

寂しいけれど、これ以上の幸せはないと思う。

取らぬチケットの皮算用、などとと言われても構わない。

風が吹くよう、あとは祈るのみだ。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩


日々の出来事ランキング