ミセスCAのオン&オフ日誌

ちょっぴりオタクな外資系CA の日常

真風涼帆さん退団公演【カジノ・ロワイヤル】前楽と千秋楽レポート

真風涼帆さん退団公演【カジノ・ロワイヤル】前楽と千秋楽レポート

 


去る6月11日、我がご贔屓・真風涼帆さんが、宝塚歌劇団をご卒業された。

宙組トップスター就任から約5年半。

 

1作品も欠かさず(しかも複数回)劇場に通った、わたしにとって本当に思い入れのある方。

和央ようかさん、瀬奈じゅんさんに続く、3人目の男(役さん)との別れ。

ガチなヅカヲタになって20年近く経つけれど、心にぽっかり穴があく感覚は変わらない。

 

今回は、心あるヅカ友の方々の計らいで、前楽・千秋楽ともに観劇できるという幸運に恵まれた。

前楽(ラストから2回目の公演)立ち見のお話が回ってきたのが、ことの始まり。

つづいて千秋楽立ち見のお話もいただき、まさかの2日連続サヨナラショーが観れることに。

 

その後、立ち見のはずだった前楽を、2階16列(椅子のある最後列の座席)で見せていただけることになった。

連日の立ち見に耐えられるかどうか、とても心配だったわたし。

かつてCAとして何時間も立って働いていたとはいえ、コロナ禍と加齢ですっかり衰えた肉体。

2日のうち1日でも、大事な公演を座って観られることに心から安堵した。

 

そうこうしているうち、別のヅカ友さんから、こんどは前楽の2階16列を、2階S席と交換してくださるとのお申し出が。

わたしが真風さんのファンだと公言していたから、別の組のファンの方が「Vikiさんは前方で観るべきよ」と声をかけてくださったのだ。

 

芹香斗亜さん演ずるル・シッフルの『何だ?次々助け船が来るな』というセリフが頭をよぎった。

このご恩はいつかかならず、『勝率35倍』にしてお返ししたいと思う。

 

もとはといえば、自力では1枚も確保できなかった楽と前楽のチケット。

それが周りの方々のご厚意で両日観られることになり、感謝などという言葉ではとうてい言い尽くせない。

 

立ち見席の良さを知った

 

 

そうはいっても、多くの退団者のご挨拶がある千秋楽。

公演時間が、いつもより2時間ほど長くなる。

合計、およそ5時間。

 

場所は劇場の一番後ろ。

細い手すりが一本と、壁だけしかないような空間で、わたしは生きていられるのか?

 

…おれは~生きていた~!(ジェームズ・ボンド風に)

 

一幕が終わった瞬間、わたしはTwitterでつぶやいた。

「住める!」

「住めば都」

「スメルシュ」(もはや意味不明)

 

もともと飛行機など狭い場所が得意なこともあるが、後ろに人はいないし快適。

持参した小さい毛布を畳んでおしりの下に敷いて、好きなタイミングで座った。

インスタライブをするため、Blu-rayやルサンクをくまなく見て、すべての展開が頭に入っていたのも勝因のひとつ。

懸念材料であった足腰だって、何の問題もなかった。

 

劇場のすみっコ、照明機材のまん前(スポットライトの出どころ笑)

後ろを人がひとり通れるほどのスペースしかない立ち見席。

だが、しゃがんでもかろうじて舞台は見えるし、あの空間に居られたこと自体に価値がある。

 

最後の一公演でしか配られない、貴重なペンライトもいただいた。

いちばん後ろから見る景色は、それぞれのファンの心に灯った光の集まりみたいだった。

真風さんの放つ輝き、劇場のあたたかさ。

ペンライトを見るたび、思い出すだろう。

 

4時間も5時間も、立ったままお芝居を見るなんて。

宝塚ファンでない方には、わかってもらえないやもしれないが。

好きなタカラジェンヌさんが最後の舞台に立つ日。

それは我々にとって、特別な日なのである。

 

余りにいろいろなことがあったから、気持ちの整理がつかないけれど。

わたしは一人で、ゆっくり進むことにするわ。

また会う日まで、もっと大きくもっと賢くなっていられるように。

 

アデュー、そして、アビアント!

 

 

www.ciel114.com

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩

日々の出来事ランキング
日々の出来事ランキング