ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。フライト・宝塚歌劇・愛犬・ワイン・ジュエリーなどについて書いています。

星組公演「眩耀(げんよう)の谷」「Ray」観劇レポート

 

f:id:ciel114:20200903142811j:image

 

先日、約半年ぶりに宝塚を観に行った。

 

観劇が趣味のわたし。

劇場へ行けない6ヶ月間は、無味乾燥の日々だった。

 

宝塚歌劇専門チャンネル「タカラヅカ・スカイ・ステージ」や、楽天TVのライブ配信など、家にいながらオタク心を満たす術はあった。

 

だが、生の舞台の感動といったら。

封印していた、さまざまな感覚がよみがえってきた。

 

人は、好きなことをしているときがいちばん幸せなのだ。

コロナのせいで、そんな基本的なことさえ忘れかけていた。

 

f:id:ciel114:20200903144211j:image

 

演目は、「眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜」と「Rayー星の光線ー」

 

トップコンビ、礼真琴さんと舞空瞳さんを中心とした、新生星組のパワーが炸裂する舞台だった。

 

お芝居では細やかな心理描写がなされ、楽曲からも感情の流れがひしひしと伝わってきた。

そして随所に散りばめられた舞は、見事の一言に尽きる。

 

ほとばしる躍動感と、雅なたおやかさが溶けあった、まさに幻想歌舞録。

 

特筆すべきは、この壮大なる歌舞録のラストを、たった一人で昇華させる役割を担う有沙瞳さん。

まるで彼らの神〝瑠璃瑠”が降りてきたかのごとく、劇場は神々しい空気に包まれた。

 

まだ公演中なので多くは語れないが、紆余曲折した物語が大団円を迎えるさまは圧巻だ。

 

f:id:ciel114:20200903145137j:image

 

ショー「Ray」は、観劇された皆さんが仰っていたとおり、体感10秒の作品。

聞いたときは「大げさだなぁ」と思っていたが、本当にそうだった!

それほどスピード感あふれる展開で、瞬きすることすら許されないような勢いがあった。

 

眩いばかりの光線を放つ、星組生粋の御曹司、礼真琴さん。

すっかり星娘となり、発光するような存在感の舞空瞳さん。

男役に求められる全てのものを兼ね備えた愛月ひかるさん。

この光輝くトリデンテに、明るい未来を投影せずにはいられない。

 

主要キャストのすばらしさは、言うに及ばず。

わたしが今回とくに注目していたのが、103期の若手娘役・侑蘭粋さんだ。

 

「龍の宮物語」で、島村家に仕えるお梅さんを演じられていた、といえばお分かりいただけるだろうか。

主演の瀬央ゆりあさん扮する清彦との、一対一のワンシーン。

下級生でありながら、説得力のある落ち着いた芝居が印象的だった。

 

侑蘭さんを見ていると、生きる力をもらえる。

いつも、体全体で舞台に立てる喜びを表現されているから。

弾けんばかりの笑顔は清らかで、ひたむきな踊りには胸を打たれる。

端っこにいるときも、宝塚を愛する気持ちで満ちあふれているのがわかる。

そんな一生懸命さに心洗われ、自然に涙が出てくるのである。

 

宝塚に限らず、多くのエンターテインメントの世界においては、完成されたものだけに価値があるわけではないと思う。

未完のもの、今はまだ未熟なものを応援し、行く末を見届ける喜びがある。

それはまるで、わが子や庭に咲く花など、命が育ちゆく過程を愛でる行為にも似ている。

いつか大輪の花を咲かせる日を、一緒に夢みることができる。

 

また、足りないものや、欠けているところに惹かれることだってある。

欠点を魅力に変えてしまう人間こそ、真のスターではないかと思うときさえある。

 

たくさんの個性がぶつかり合い、凄まじいまでの美しい化学反応が生まれるナマの舞台。

 

終演後、わたしは新たな人格に生まれかわって、希望という名の未来に駆け出していく。

 

宝塚劇場のエントランスは、夢の入り口であると同時に、希望へと漕ぎ出す港でもあるのだ。

 

f:id:ciel114:20200904164230j:image

 

こんなご時世になるとは夢にも思わなかったけれど、どうか千秋楽まで健やかに駆け抜けられますように。

芸術は、どんなワクチンよりも人々の心に効くと信じている。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。

 


客室乗務員ランキング