ミセスCAのオン&オフ日誌

🛫 空、タカラヅカ、英語、ときどきジュエリー 💍

宝塚観劇の日の楽しみかた【日比谷シャンテ編】

宝塚観劇の日の楽しみかた【日比谷シャンテ編】

 

 

東京宝塚劇場 星組公演「眩耀の谷」「Ray」に行ってきた。

 

ひさしぶりの、息子と二人での観劇。

古川雄大くん主演の東宝ミュージカル「モーツァルト」以来である。

 

宝塚歌劇を一緒に観るのは、朝夏まなとトートの「エリザベート」以来。

だから最後に来たのは、もう4年も前のこと?

 

小さいころから演劇を観るのが好きだった息子。

これまで、帝劇や劇団四季ほか、いろいろなジャンルの舞台を見せてきた。

 

いつもお子様イスをお借りしていた子供が、今じゃ古川くんくらいの背丈になっているのだから、時の流れはすごい。

 

星組観劇の前日。

ツイッター上で、何名かのフォロワーさんが同じ日に来られることが判明。

 

「会えるといいですね」

とツイートしあってはいたものの、あの観客数だ。

本当に、お互いを見つけることができるのだろうか?

 

そして当日。

その心配は、杞憂に終わった。

 

なぜなら、息子を目印に私たち親子を探してくださったからだ。

若い男子はそれだけで目立つので、宝塚劇場においてはランドマークのような存在かもしれない。

 

おかげさまで、日ごろから優しくしてくださっているフォロワーさん達とお目にかかることができた。

 

いつもはSNSを通した、文字だけのお付き合い。

けれど実際にお会いしてみても、その印象はほとんど変わらなかった。

ネット社会といえども、人の本質というのは変わらないのだろう。

 

いつも面白い言葉の応酬を交わして、楽しい時間を共有してくださる方々。

初対面とは思えないくらい、なぜか懐かしく近しい感じさえする。

 

おそらく同じ趣味を持つ人間同士は、無条件にひかれ合うのだろう。

わたしはハグしたい気持ちをグッとおさえて、マスクの下で控えめにご挨拶した。

 

本来ならば終演後に、お茶でもご一緒させていただきたいところ。

だけどこのご時世なので、涙をのんでお別れした。

 

 

日比谷シャンテでショッピング&ディナーを楽しむ

 

コロナ以降、フライトがなくなり、自主的に自粛の日々を送っていたわたし。

そろそろ家族とくらい外食してもいいのではと、帰りに日比谷シャンテに寄った。

 

エスカレーターを降りると、なつかしの「キャトルレーヴ」

 

現在は入場制限を行なっていて、1時間半後の整理券しかないと言われた。

「これから食事をするからちょうどいいと思い、それを受け取った。

 

同時に、二人で200円分のお食事券をいただいた。

待たせている時間に対する、お店からのご厚意である。

 

 

おしゃれな洋食レストラン【神田グリル】

 

割引券を握りしめて向かった先は、B2Fのレストラン「神田グリル」

 

f:id:ciel114:20200910162230j:image

 

ハンバーグをはじめとする、昔ながらの洋食が、おいしいワインと共にいただけるお店だ。

 

わたしたちは「オムライスセット」をオーダーした。

 

おりしも、今年二十歳になった息子。

外でお酒を飲める機会に遭遇するのは、成人して初めて。

 

まだ外は明るい時間だったが、せっかくなので赤ワインで乾杯することにした。

 

f:id:ciel114:20200910163216j:image

 

おとなりの座席との間には、しっかりとした衝立があり、ソーシャルディスタンスが保たれていた。

 

座席に置かれたすみれ色の袋は、キャトルレーヴのもの。

 

お隣さんも、そのまたお隣さんも。

 

ここではみ〜んな、タカラヅカファンなのだ。

 

 

おいしい和風カフェレストラン【麻布茶房】

 

場所を移動して、今度は甘味処「麻布茶房」へ。

 

f:id:ciel114:20200910163830j:image

 

写真は、わたしが頼んだ「白玉クリームあんみつ」

 

もちもちの白玉。

ミルクの風味豊かなソフトクリーム。

上品な黒みつに、魅惑のあんこ。

フルーツの甘さが、ほどよいアクセント。

 

いちばん人気なのか、周りのおばさま方も、こぞってこれを食べておられた。

 

f:id:ciel114:20200910164016j:image

 

息子が選んだ「キャラメルクリームかき氷」

こちらは定番メニューではなく、夏の期間限定スイーツだったようだ。

 

彼は「めちゃくちゃおいしい!」を連発していた。

 

幼いころは、こうしてよく外食したね。

 

大学に入ってからは、ミュージカル活動で忙しく、一緒に過ごせる時間も少なかったから。

コロナ禍で時間ができて観劇が叶ったと思えば、それも悪くないかもしれない。

 

つきあわせたキャトルレーヴでは、真風さんの舞台写真ばかり眺めていた息子。

 

宙組公演「フライングサパ」を、楽天TVのライブ配信で視聴してからというもの。

ゆりかさんのカッコよさを再認識したらしい(血は争えない?) 

 

心あるフォロワー様より温かいお心遣いをいただき、この週末、息子も日生劇場に伺うことができるようになりました。 

 

フライングサパの世界を生で観て、彼が何を感じるのかが楽しみです。

 

わたしは別の日に観せていただいたので、もうチケットはないけど。

終演後にまたシャンテに誘って、ごはんでも食べて帰ろうかな。

 

  

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩


客室乗務員ランキング