ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系CAのブログ。 フライトエピソードの他、宝塚・ジュエリー・コスメ・ワインなどの情報を発信しています。

宙組全国ツアー公演【追憶のバルセロナ/NICE GUY】熊本遠征レポート 1日目

宙組全国ツアー公演【追憶のバルセロナ/NICE GUY】熊本遠征レポート 1日目

 

令和元年 9月7日。

 

市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)にて上演される、「追憶のバルセロナ/NICE GUY」を観劇するため熊本へ。

 

羽田発 熊本行き ANA641便

 

実家のある大阪に帰るとき以外は、めったに国内線を利用しないわたし。

久しぶりのプライベートなフライトに、心がはずんだ。

 

羽田↔︎伊丹間を飛んでいる機材よりも、ずっと小さい。

だから、あっという間に空席がなくなるのだとわかった。

 

狭い機内。

通路の向こう側にいるご婦人方の会話が、否が応でも耳に入ってくる。

 

「わたしは、九州ぜんぶ制覇する予定です」

「大阪はどうされました?」

「わたしは日帰りでした」

 

九州公演コンプリート!

大阪からのトンボ帰り!

いきなり現れた猛者たちの会話に、武者震いがした。

 

おふたりは、ひとつ隔てた座席に座っておられたので、それぞれが単独行動だと思われる。

だが、同じにおいを人はかぎ分けるのだろう。

すぐに意気投合するのも、宝塚ファンのいいところだ。

 

その後ろの3人組も、それっぽい出で立ちをされている。

 

おれはのちにツイッターで、同じ便に宙担が集結していたのを知った

(ルキーニ風に)

 

あの宙(空)を飛んでいた女性客のほとんどは、「真風の女」か「芹香の女」

おそらく、そのいずれかであろう(多分)

 

海を越え山を越え。

花も嵐も乗り越えて。

 

飛行機は一路、熊本を目指す✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎

 

隠れマカゼスト?

 

空港に到着し、熊本在住の従姉妹たちから温かく迎えられる。

会ってそうそう、プレゼントされたのがこちら。

 

f:id:ciel114:20190923160243j:plain

 

まだ場も暖まっていないのに!(笑)

 

オーシャンズ11の主人公、ダニーに扮した真風さんが、全面にプリントされたスマホケース。

度肝を抜く色彩と、射抜くようなセクシーな眼差し。

宙組のお家芸?とも言われるスーツの開襟具合が、存分に活かされた構図となっている。

 

「東京で使うと恥ずかしかばってん、ここなら大丈夫たい」

「ありがとう♡そうする」

 

そうは言ったものの、いざ人前で使うとなると、やはり気がひけた。

 

だって、超絶目立つんだもの!

わたしは隠れキリシタンのように、なるべく真風さんが人目に触れないよう気をつけて過ごした。

 

熊本市民会館 シアーズホーム夢ホール

 

f:id:ciel114:20190923202400j:plain

 

熊本は、宙組トップスター・真風涼帆さんの出身地。

はじめての凱旋公演ということもあって、開幕前から地元は大いに盛り上がっていた。

 

熊本のお客さんたちを前にして、ゆりかちゃん(真風さんの愛称)がどんな風にふるまうのか。

その一挙手一投足に、注目が集まった。

 

f:id:ciel114:20190923204808j:plain

 

今日は、2階席の後ろから2列目。

客席降りは1階席だけなので、蚊帳のアウト感満載。

 

ときおり湧き上がる大歓声にも、2階の末席からは何が起きているのかまったく確認できず。

その時ばかりはもう、蚊帳のアウト感を通り越して、公開処刑を受けている気分に。

 

その声は大歓声というより、もはや金属音に近かった。

究極に歓喜した人々の声が集まると、あんな音になるのだと心底驚いた。

 

「ギャー」とも、「キャー」とも違う。

地響きがするような、生まれてはじめて聞く、世にも珍しい音だった。

 

それほどすごいことが、1階で起きているのだろう。

2日目のソワレ(千秋楽)は1階席で観られるから、そのときに確かめよう。

 

舞台から遠くても。

階下が見えなくても。

ゆりかちゃんが生まれ育った街で、同じ空間を共有できたこと。

それだけで幸せだった。

ファンっていうのは、そんなものだと思う。

 

「宝塚大劇場にも、来てはいよ〜!」

 

終演後のご挨拶での、真風さんのかわいい熊本弁に、従姉妹たちも大興奮。

翌日への期待が高まる、最高の初日の幕開けだった。

 

 

【2日目につづく】

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

下記のバナーに応援クリックを頂けると、励みになります💫

 


客室乗務員ランキング