ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

宝塚歌劇団宙組【オーシャンズ11】東京公演がスタート!

宙組公演 ミュージカル【オーシャンズ11】

 

f:id:ciel114:20190615161031j:plain

 

日比谷にラスベガスがやってきた 

 

2019年6月14日。

 

ダニーが!

ラスティーが!

オーシャンズ11が!

真風涼帆氏率いる宝塚歌劇団宙組が、ここ東京へやってきた。

 

宝塚大劇場で大好評を博したミュージカル【オーシャンズ11】

東京での初日を迎えた昨日。

ツイッターもインスタも、今か今かと公演を待ちわびたファンたちの熱量で、火傷しそうな熱さだった。

わたしがいちばん気に入っているのが「スーツと書いて、真風涼帆と読む」というツイート。

逆(真風涼帆と書いて、スーツと読む)じゃないところが、彼のスケールの大きさを感じさせます。

 

この作品は、言わずと知れたハリウッド映画、ジョージ・クルーニー主演の『オーシャンズ11』が原作となっている。

今回の宙組公演は、2011年の星組、2013年の花組につづいて、3度目の公演となる。

 

もちろん、すべての公演に複数回ずつ足を運んでいる。

星の柚希礼音さんも、花の蘭寿とむさんも、すばらしくかっこよかった。

けれども現宙組トップスター、真風さんには特別な思い入れがあるわたし。

今公演では、かつて経験したことのない「おひとりさまムラ遠征」を敢行するに至った。

わたしのブログを応援してくださり、宝塚に関しても熱い意見を交わすことのできる貴重なお友達から、お席を譲っていただいたのだ。 

 

ムラ(宝塚大劇場)単独遠征

 

f:id:ciel114:20190615182351j:plain

 5月16日、ソワレを観劇

f:id:ciel114:20190615162107j:plain

 ギラギラと輝くネオン

f:id:ciel114:20190615170903j:plain

加美乃素さんの美しい緞帳

 

観劇レポート

 

S席6列目の端っこ。

スロットマシーンに手が届きそうだった。

マシーンの前で踊っている若手ジェンヌさんたちの初々しいこと。

キラッキラ輝いていて、金粉が降ってくるかと思うほど。

いや、実際かなり降ってたと思う。

目線もいっぱいもらっちゃったし(わたしがガン見してるから笑)

いちばん近くで踊っていたのが、101期生の湖々さくらちゃん。

明るい笑顔が弾けそうで、本当に可愛かった。

新人公演では、副組長である美風舞良さんが本役の、アン・ウッズを演じられるそう。

さくらちゃんが舞台の真ん中でお芝居されるのが、とても楽しみ。

下級生の魅力を発掘できるだけでなく、舞台からはけていく上級生の細かい表情もキャッチできるという、コアなファンにはたまらない良席でしたm(__)m

 

またこの公演は、宝塚歌劇団105期生の初舞台でもあったので、光栄にもフレッシュな口上を聞くことができた。

 

f:id:ciel114:20190615191518j:plain

この回は、泉堂成さん・明希翔せいさん・朝香ゆららさんの3人

 

東京公演(観劇)にかける抱負

 

東京公演は、7月2日と14日の2公演、そして6月27日の新人公演を観劇する予定。

14日は、高校時代からの親友でありヅカ友であるKちゃんが、関西から泊りがけでやってくる。

日比谷から数十分の距離に住むわたしであるが、この日を最大限に楽しむため、劇場前のホテル「レム日比谷」を予約した。

出待ち入り待ち・ランチにディナーの計画を、今から嬉々として立てている。

去年に引き続き、今年もアツイ夏になりそうだ。

 

 

travel.yahoo.co.jp

 

 

✈︎人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックを頂けると励みになります。


客室乗務員ランキング