ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

宙組公演【アナスタシア】過去への旅が未来のとびら開く<Blu-rayを買いました>

お題「これ買いました」

宙組公演【アナスタシア】過去への旅が未来のとびら開く<Blu-rayを買いました>

 

f:id:ciel114:20210218225147j:plain

 

 

「信じてゆこう その先で 帰るべき場所 出会えることを」

 

宙組公演 ミュージカル『アナスタシア』

ムラと東京あわせて、もう三回も観たのに。

そしてこれから、もう一回観に行く予定なのに。

待ちきれなくて、Amazonでブルーレイ・ディスクをポチってしまった。

宝塚歌劇団が販売しているBlu-rayやDVD。

劇場で見逃した部分を再確認するのに、これほど役立つものはない。

なんど見返しても、良いものは良い。

息子も大好きな作品なので、一緒におうちシアターを楽しんでいる。

 

今回の大作『アナスタシア』を最後に。

現宙組トップコンビが解散、見納めとなる。

主演娘役の星風まどかさんが、別の組に異動になってしまうのだ。

男役トップスター真風涼帆さんの相手役に就任して以来、ずっと応援してきたのに。

とつぜんの人気コンビ解消に、ファンの心はざわついている。

劇団の人事は、ファンの気持ちに寄り添うものばかりとは限らない。

いつか『王家に捧ぐ歌』のアムネリス様は言った。

「ものごとは、あるべき道をたどるのです」と。

あとになればきっと、それが定めだったと思える日が来るのだろう。

 

🐦 あるオタクのつぶやき in Twitter(⇦わたしや🤣)

 

Journey to the past (過去への旅)

 

「この道はどこへ続く 誰も知らない」

ミュージカル『アナスタシア』の主題歌の一つである「Journey to the past」

それは、前に進むための過去への旅路。

なんだか矛盾しているようにも聞こえるが。

人はいつも前ばかり向いてはいられない。

振り返ってみてはじめて、一歩をふみだせることもある。

だからわたしは何度でも、原点に回帰しようと思う。

宝塚歌劇のブルーレイやDVDは、過去(作品)への旅の水先案内人なのである。

 

Once upon a December (あの日の12月)

 

時計の針は戻らなくても、オルゴールの音色は変わらない。

この世界には、変わるものと変わらないものとがある。

その事実を受け入れたうえで、どちらも大切に生きていきたい。

「あの日の12月」を忘れない。

広大なロシアの大地に降り積もる、幻想的な白い雪。

夢と希望に満ちあふれた、華やかで賑やかなパリの街。

ディミトリとアーニャの笑顔を。

舞台に息づく、すべての人たちを。

この目にしかと焼きつけよう。

つぎの12月、そのまた次の12月が訪れるころには。

それぞれの組で、素晴らしい名作が生まれていることだろう。

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります🪆


日々の出来事ランキング