ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。フライトエピソードを始め、ワインや宝塚、愛犬などについて書いています。

【役者】自分ではないだれかの人生を生きる

f:id:ciel114:20200211180057j:plain


昨夜遅く、無事に帰宅した息子。

はじめて死ぬ(演技をした)感想をきいてみた。

 

すごく重かったし、すごくつらかった。

そのシーンに入る前から、涙が止まらなかった。

終わってからも、しばらく引きずってしまった。

 

そうか。

実際に死ぬわけではなくても、やっぱり感情移入して苦しくなるんだね。

 

そして、いちばん恐れていたことを確認してみた。

「それで、本当に死んでしまいたいとか、思わなかったの?」

「思わないよ」

キッパリと言い切った息子をみて、わたしは安堵のため息をついた。

 

良かった…

役に入りこんでしまう子なので、変な気でもおこさないかと心配していたのだ。

自殺する役どころに感化されるなんて、縁起(演技)でもないと思っていたから。

 

考えてみれば、前回のお芝居でも、役の影響は受けなかった。

男の子に好意を寄せる男の子を演じていた彼。

その後も変わらず、実生活では女の子が好きだ。

 

でもあのときの彼は、舞台上でひたすら好きな男の子を想っていて。

わが子ながら、観ていて切なくなってしまった。

 

前にも書いたが、息子はひとたび役に入りこむと、自分ではなくなるのだそうだ。

演じているという意識がないから、そこに迷いや羞恥はないのだと。

 

【役者】自分ではないだれかの人生を生きる

 

役者というのは、いろいろな人の人生を生きられるという。

自分に似た役。

自分とは正反対の役。

どんな役柄をやるにしても、その役を通して、なにかを学びとってほしい。

ただのエンターテインメントとしてだけではなく。

役と向き合うことによって、他者の置かれている立場や気持ちを、すこしでも理解することができたら。

彼の人生は、もっと深みのあるものになると思う。

 

今日は、次次回出演作の契約書にサインをしにいくと言って出かけた。

この作品ではギャラが発生するため、事務所と契約を交わすのだそうだ。

こんどは、どんな人生を生きるのだろう。

たくさんの子どもを産んだ気分になれて、なかなか面白いかも。

 

📕 この記事の前編はこちら 

www.ciel114.com

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります。


客室乗務員ランキング