ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

声優志望の母親が絵本の読み聞かせをした結果、息子がミュージカル役者になった話

声優志望の母親が絵本の読み聞かせをした結果、息子がミュージカル役者になった話

 


押入れの中を片付けていたら。

息子が小さいときに読み聞かせていた絵本が出てきた。

どれもキャラクターごとに声色を変えて、臨場感たっぷりに読んで聞かせた。

あるときはネコやネズミに。

またあるときは、汽車やお月さまになりきって。

 

寝る前に本を読むという行為は、ふつう寝かしつけのためにあるものだが。

わが家の場合、母であるわたしが声優志望ガチ勢だったため、毎晩がソワレ状態だった。

 

「ねないこだれだ」という絵本があったが、虐待まがいのおどろおどろしさで読んでいたため、息子はお化けに連れて行かれまいと必死だった。

まぶたをギュッと閉じて、

「ぼくはもう寝ていますよ」

アピールをしていた表情が忘れられない。

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本) | せなけいこ, せなけいこ |本 | 通販 | Amazon

 

 

「アラジン」「白雪姫」など、ディズニーの絵本もたくさん読んだ。

お姫さまは限りなく無垢に、そして悪役はいかにも憎々しく。

結末がわかっているのに、主人公が敵をやっつけるシーンではいつも、身を乗り出すようにして聞いていた。

「もう一回!もう一回!」

くりかえしアンコールをせがまれるので、「ねないこだれだ」を使って姑息に幕引きしたこともある。

 

自作の絵本もあった。

いちばん印象に残っているのが「さるかに合戦」のパロディで、蟹のお父さんとお母さんが、子蟹をカニクリームコロッケにして食べるお話だ。

そこに猿は出てこない。

グリム童話ではよくある話だが、教育上あまりよくないと思い、それは子蟹が見た夢だということにしておいた。

 

そうやって、いっぷう変わった情操教育をおこなってきたためか、成長した息子はミュージカルに傾倒した。

 

コロナ禍、プロのオーディションにいくつか合格した。

命を削るようにしてお稽古に励んでいたのに、それらの幕は上がらなかった。

陽性者が出て、舞台の中止が言い渡されるたび、いっしょに泣いた。

悔しいけど仕方がない、時代だからと。

 

その後、息子は役者の夢に見切りをつけ、就職活動を開始。

大学で学んだことを活かし、来年から一般企業に就職することになった。

内定が決まってから、英語の勉強でもするのかと思いきや。

残りの学生生活を、ミュージカルに捧げるという。

 

現在お稽古しているのは、彼のホームグラウンドであるインカレサークル。

学生団体とはいえ、指導陣はすべて現役で活躍されている帝劇や四季の先生方。

そこから舞台俳優も多く輩出されている。

プロになった卒業生たちが教えに来てくれることもよくあるという。

 

先日、仮小屋入りした。

来週からは、いよいよ本番だ。

6日間、合計10公演。

わたしはそのうち、2公演のチケットを買った。

幕開きから、最後の幕が降りるその瞬間まで。

きみとその仲間が、完走できることを祈っている。

 

 

www.ciel114.com

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩


日々の出来事ランキング