ミセスCAのオン&オフ日誌

ヨーロッパ系航空会社CAのブログ。フライト・宝塚歌劇・愛犬・ワイン・ジュエリーなどについて書いています。

人の親になっても、人は親の子である

f:id:ciel114:20190929030044j:plain


母が入院して2年。

こんどは、父が入院した。

 

ふたりを見舞うため、東京から帰省した。

わたしはいま、家族のいない一軒家にひとり居る。

 

当たり前にあった、両親の笑顔。

つねに絶えなかった、にぎやかな笑い声。

この家にはいま、過ぎ去った思い出しかない。

 

まだ暑さの残る9月。

それでも、夜はいくぶん涼しい。

 

外ではコオロギが鳴いている。

命いっぱい、鳴いている。

 

子どものころよく聞いた、涼やかな音色。

都会暮らしでは聞くことのない、小さな虫たちの生の営み。

変わりゆく世の中で、変わらない声を聞いた。

 

元気だった父親。

気丈だった母親。

生きながらにして、遠くへ向かいゆく親たち。

 

そういう年代にさしかかっていると、頭ではわかっていても。

人がたどる最期が、これほど苦しみと絶望を伴うものだなんて。

 

なにもしてあげられない。

ただ、顔を見せることだけしか。

血をわけた親子でさえも、できることは限られている。

 

だれにでも、ひとしく老いはやってくる。

当たり前にあった健康と、楽しかった時間。

いつの日かそれを、懐かしく思うときがくる。

 

コオロギは子を成し、短い一生を終え、その子がまた生を謳う。

人もまた、同じなのかもしれない。

 

自然の流れに任せて、いまを精いっぱい生きる。

それこそが親孝行なのだと、いまさらながら思う。

 

人の親になっても、人は親の子である

 

まもなく成人する子どものいる、立派な大人になってしまった。

自分だってある意味、人生の折り返し地点に立っている。

 

それでも、親を慕う気持ちは変わらない。

いくつになっても、可愛い娘でいたいのだ。

 

秋の気配に包まれて。

過ぎ去りし夢のはざまをたゆたいながら。

今夜は、父母のぬくもりに包まれて眠りたい。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックを頂けると励みになります。


客室乗務員ランキング