ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

外資系エアラインCAの新人訓練【エピソード2】

外資系エアラインCAの新人訓練【エピソード2】

 

C18DABDB-0C47-48EF-86F4-ECD93EBBB2D6.jpeg

 

 

日本人CA同士の人間関係は悪い?

 

6人いる同期のうち、関西出身者はAちゃんとわたしのふたりだけ。

 

Aちゃんは最初に出会ったときから、いろんな意味で日本人離れしていた。

 

アメリカに住んでいるとき、黒人のルームメイトとよく喧嘩をしたとか。

香港にいたときは、中国人タクシードライバーと対等にわたりあっていたとか。

 

彼女のコスモポリタンぶり?は、枚挙にいとまがない。 

 

そんなAちゃんだが、彼女のオリジンは限りなく関西。

100%メイドイン関西のわたしと、シンクロ(同期)するのは必然の流れだった。

 

 

関西人と関東人の文化の違い

 

はじめのうちは、関西出身者と関東出身者の間に「国境」が存在した。 

 

冗談が通じない(関西人→関東人)

いつもふざけている(関東人→関西人)

 

育ってきた環境がちがうから。

わかりあえないのはイナメナイと思っていた。

(出典:セロリ)

 

 

新人訓練中のおもしろエピソード

 

本国(ヨーロッパ)でのトレーニング中のある日。 

忙しいスケジュールのなか、めずらしくポッカリと時間が空いた。

 

さしあたってやることもないから、宿泊しているホテルのプールで泳ごうという話になった。

 

わたしたちのほかには利用客のいない、こぢんまりとした静かなプール。

持参した水着にきがえて、おのおのが好き勝手に泳いでいた。

 

そのうち、Aちゃんとわたしがシンクロナイズドスイミング(もどき)をはじめた。

やっているうちにどんどん楽しくなってきて、より激しい技(もどき)に挑戦してゲラゲラと笑っていた。

 

それを見ていた同期のうち3人は「つまんない」 と言って、早々に部屋へと帰ってしまった。 

 

しかし、ひとり残ったR子さんだけは、わたしたちの華麗なパフォーマンス?に手を叩いて魅入っていた。 

 

R子さんは最年長で、みんなのまとめ役。 

しっかり者で気配り上手の、お姉さんみたいな存在だ。 

 

わたしは常々、優等生の彼女のことを、ドラえもんに出てくるしずかちゃんに似ていると思っている。 

 

Aちゃんとわたしは、彼女をもっと喜ばせようと、調子にのって演技をつづけた。

そしてしまいには、興奮しすぎてAちゃんが鼻血を出してしまう事態に!

 

それからというもの。

なにかにつけて話題にのぼるシンクロ騒ぎであるが、数年前に衝撃の事実が発覚した。 

 

それはR子さんが、本当はあのときお部屋に戻りたかったということ。 

そして、ほかの3人と同じく、実はつまんないと思っていたこと。

 

それを聞いたとき。

わたしとAちゃんはガッカリするどころか

 

「めっちゃおいしい!!!」

 

と、大いに盛り上がった。 

 

一緒に楽しんでくれているとばかり思っていたのに、実はスベっていた。 

関西人は、こういった現象を「おいしい」と形容する。 

 

関西、こと大阪においては「自虐」というひとつの美学が存在する。 

 

その件については「梅干しを食べたことのない人にその味を説明する」くらい難しいので、またおいおい触れることにする。

 

参考文献?

 

www.ciel114.com

 

 

公私にわたる最強の仲間たち

 

話はそれたが、いろんな出来事を共有して、固く結ばれたわたしたち。 

最初は高くそびえていた東西の厚い壁も、いまではすっかり取り払われた。 

 

遠い異国の地での新人訓練を乗り越えられたのも、長きにわたりこの仕事をつづけていられるのも、ほかならぬ同期のおかげだと心から感謝している。

 

いつも支えてくれて、本当にありがとう。 

これからも、どうぞよろしく。

  

外資系エアラインの新人訓練【エピソード1】へは、こちらからどうぞ⇩

 

ciel114.hatenablog.com

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックをいただけると励みになります⇩

 


人気ブログランキング