ミセスCAのオン&オフ日誌

現役主婦CAが人生という旅の中で感じた諸々を綴ります。 愛する故郷大阪・東京と世界を繋ぐ架け橋となるのが夢。

わたしと書くこと

f:id:ciel114:20190305123821j:plain

わたしの文章のルーツ

 幼いころから詩や作文を書くのが好きだった。

そんなことを言うと、おとなしい子どもだったのかと思われるかもしれない。

 

だが実際は、むしろやかましいとよく叱られていた。

現実の世界でお笑い路線をひた走りながら、空想のなかではいつも夢のようなことばかり考えていた。

 

幼稚園のときに自主制作した絵本のタイトルは、「アライグマのおしろ」

 

アライグマのオスカルとメスカルが、王国で織りなす人間(動物)模様。

大阪の子どもなので、ちゃあんとオチもついている。

 

小学1年生のときの詩集に書いたのは、だれもいない真夜中に自由自在に落書きを楽しむ「エンピツくんの独り言」

 

いま思えば、小さいころから妄想癖のある子どもだった。

 

これから書きたいこと

いまの会社で働き出してから、オフの日にシナリオライターのスクールに通っていたことがある。

表参道にある、シナリオ・センター。

本業があったため、さほどのめり込むことなくやめてしまったが、毎週出されるお題に沿って作品を仕上げるのはとても楽しかった。

 

あのころはまさか、のちにブログを始めるなど思いもしなかった。

でもあのときの経験が、少なからず役に立っている。

 

文章を書くことは、自己の内面をさらす、いわば恥ずかしい作業。

それが当たり前になったり、快感になったりするところまできたら本物だと、自分を鼓舞している。

 

わたしのブログは、ただひとつの記事を除いて、すべてがノンフィクションである。

ちょっとばかり「盛ってる」記事もあるかもしれないが、だいたいが事実に基づいているものだ。

ただひとつのフィクションを書いたのが、この記事。

 

www.ciel114.com

 

わたしが愛してやまない【天は赤い河のほとり】の二次創作である。

この作品が好きすぎて好きすぎて、妄想が炸裂してしまった。

  

いつか借り物ではなく、自分で考えたキャラクターたちが、物語のなかで息づく日が来るのを…

 

来るのか??

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

応援クリック励みになります!

 


客室乗務員ランキング