ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系客室乗務員Vikiの情報ブログ

もしもシエルちゃんがおしゃべりできたなら【子犬のころからシュプレモ育ち】

f:id:ciel114:20190801183148j:image

 

もしもシエルちゃんがおしゃべりできたなら 【子犬のころからシュプレモ育ち】

 

おかげさまで膿皮症はすっかり良くなり、毎日元気に過ごしているシエルちゃん。

魅惑の白い粒(お薬)が入っていないごはんにガッカリしながらも、1日2回ドッグフード「シュプレモ」を完食している。

 

🍚しーちゃんは、この2種類をブレンド

 

 

初診のとき先生から「治ったらまた見せてくださいね」と言われて。

2週間後にふたたび動物病院を訪れたわたしたち。

 

待合室で待っていると、7、8人の子供たちがガラスの扉から入ってきた。

 

「こんにちはぁ〜」

「こんにちは!」

 

受付のおねえさんが、優しく応対する。

 

グループを引率する女性が、促すようにひとりの男の子のほうを見た。

 

すると男の子は大きな声で「〇〇小学校の△△です。きょうは、動物病院のおはなしを聞きにきました」と言った。

 

どうやら、社会見学のようだ。

 

ひととおりご挨拶がすんだあと、院内を見回す子供たち。

その視線の先には、患者(患犬)のシエルとわたし。

 

「わぁ!チワワだ!」

「かわいい!」

「ぼくは柴犬が好き!」

 

口々に、好きなことを言っている。

 

だが授業の一環だからか、そばに寄ってきて撫でたりはしない。

むしろていねいな敬語で、わたしに質問をしてきた。

 

「どこがわるいんですか?」

「とても元気そう」

 

首からかけたボードのようなものに、なにやら書く準備をはじめた子もいる。

 

こ、これは!

病気の犬の飼い主へのインタビューではないか!

わたしの発言が、彼らが授業で発表する資料の一部となってしまう。

 

膿皮症、湿疹、完治、再診…

小さい子どもだ。

むずかしい言葉を使ってはならない。

 

わたしは慎重にこう答えた。

 

「おなかにカイカイができてしまってね。ここの先生に治してもらったから、もう良くなったんだけどね。治ったらみせてって言われたから、もう一回来ているんです」

 

「じゃあ、どっこもわるくないんだ!」

「よかった〜」

 

完ペキだ。

わたしは胸をなでおろした。

 

ペットを飼っている市井のおばさんとして、わたしは模範的な回答ができたと思う。

 

そこでシエルの順番が回ってきて、診察室に入った。

 

診察室から出てくると、こんどは猫のコーナーで話を聞いていた彼ら。

 

その姿を認めると、シエルはそちらに行きたがって、キュンキュンさみしそうに鳴き出した。

 

「どうしたのしーちゃん」

 

仲間に入りたいんだね。

一緒に遊びたいんだね。

でもしーちゃんイヌだから、一緒に回ることはできないんだよ。

 

受付のおねえさんが、あの子たちが小学二年生であることを教えてくれた。

 

そこでわたしはひらめいた。

小学二年生、すなわち八歳。

シエルと同い年なのだ。

 

犬は人間の数倍の早さで歳をとるというが、生きてきた年数としては同じ。

人間と犬という種族の違いはあれど、なにか感じるものがあったのだろう。

 

しーちゃん。

あなたが人間だったら、あれくらいに成長しているんだね。

あなたがあの子たちみたいに、お話できたらどんなにいいだろう。

 

そんなことを考えながら帰途に着いた。

 

晩御飯の時間になった。

いつものようにシュプレモを出してやる。

 

シエルは失望したような面持ちで、じっと器を眺めている。

 

「なんで毎日おんなじやねん」

 

その目は、そう言っているようだった。

 

「シュプレモのおかげで、健康な犬でいられるんだよ」

 

わたしは、シエルが口がきけなくて良かったと思った。 

 

  

📕 「魅惑の白い粒」に関しては、こちらの記事をご覧ください。

www.ciel114.com

 

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援クリックを頂けると、励みになります。


客室乗務員ランキング