ミセスCAのオン&オフ日誌

現役外資系CAのブログ。 フライトエピソードの他、宝塚・ジュエリー・コスメ・ワインなどの情報を発信しています。

シエルちゃん動物病院へ行く

わが家の愛犬シエル。

ロングコートチワワ。

色はブラッククリーム。

7歳の女の子である。 

f:id:ciel114:20190701213439j:plain

浅田真央ちゃんとお揃い(?)のお洋服で

 

生まれてこのかた、病気という病気にかかったことがない。

ケガというケガもしたことがない。

チワワのくせに健脚で、毎日散歩に行きたがる。

病院とはほぼ無縁の、健康的な犬生を送ってきた。

 

そんな彼女のおなかのあたりに、ちょっと前から湿疹のようなものができはじめた。

放っておくと治るのだが、また違った場所にできてくる。

時間が経つとカサブタになって、ブラッシングするときに毛と一緒に取れる。

しばらく様子を見ていたけれど、なんだか同じことが続きそう。

 

そんな中、年に一度の健康診断があった。

ちょうどいい機会なので、獣医さんに診てもらうことにした。

 

シエルのかかりつけの動物病院は、うちから離れたところにある。

シエルがいたペットショップが、その病院と提携していたためだ。

電車で行くと遠くて不便。

でもわたしは車が運転できない。

なので、いつも夫が連れて行っていた。

 

シエルは、カリカリのペットフード(シュプレモ)しか食べていない。

夫の方針で、ごくたまに果物やヨーグルトを与えるにとどめている。

ほかの犬みたく、ささみの茹でたやつとか、野菜の煮たやつなんかも食べたいだろうに。

ペットフードがいちばん栄養バランスに優れているし、歯にもいいからという理由で、家長はシエルに人間の食べ物を与えることを許さなかった。

でもおやつだけは別で、ジャーキーは毎日のように食べているし、誕生日など記念日には犬用のケーキでお祝いをする。

その甲斐あってか、シエルの身体はどこも悪くなかった。

 

かかりつけ医から夫がもらってきたのは、セファレキシンという抗生物質だった。

いつも同じごはんばかりのシエル。

お薬を食事に混ぜると、それから先に食べるという不思議な光景が見られた。

喜んで薬を食べている姿に、こちらの心のほうが苦くなった。

 

10日分処方されていたが、数日経つと良くなったので飲ませるのをやめた。

だが、しばらくするとまた新しい湿疹ができてきた。

余ったお薬があるけれど、できるたびに飲ませるわけにもいかない。

 

「自然に消えるのを待つしかないか」と話していた矢先。

シエルが激しく身体をなめている。

もしかしてとひっくり返してみたら、下腹部が真っ赤になっていた。

それまでは、わきの下やおなかの真ん中にあったため、自分じゃ届かなかったのだろう。

今回は患部に届いたので、ひたすらなめて痒みをおさえようとしていたのだ。

でも、さわればさわるほど、傷は悪くなる一方だ。

人のことばをよく理解する犬だが、こればっかりは聞いてくれそうもない。

夜も遅いので、とりあえず家にある薬を飲ませて、翌朝病院へ行くことにした。

 

しつこいようだが、わたしは運転ができない。

平日だったので、夫が連れて行くこともできない。

さいわい近くに動物病院ができたそうなので、徒歩で行けるそちらにお世話になることにした。

新しい病院なので、口コミや評判も聞いたことがない。

ドキドキしながら診察を待った。

シエルは、もっとドキドキしていたに違いない。

 

「シエルちゃん、どうぞ」

名前を呼ばれて診察室に入ると、看護士さんが迎えてくれた。

病状からふだんの生活ぶりまで、ていねいに問診をとってくれる。

カチャカチャとパソコンに情報を打ち込んだあと、先生と交代された。

先生はとても優しく、患者(患犬)とも飼主とも、しっかり向き合ってくれる方だった。

 

シエルに言い渡された病名は、「膿皮症」だった。

細菌感染による皮膚炎で、イヌにはよくある症状だそうだ。

抗生物質を正しく飲めば治ると聞いて、少しホッとした。

最初の病院で出された薬を、飲みきらなかったのが良くなかったみたい。

 

こんどは2週間、朝夕きっちり服用させた。

おかげさまで、すっかり完治することができた。

我が子のように大事なシエル。

わたしも夫も、胸をなでおろした。

目下の悩みは…

色が違う粒(薬)が入っていないごはんを、シエルがうらめしそうに見つめることだけだ。

 

 

シエルのごはん、シュプレモ  ⬇︎(2種類をミックスしています)

 

 

 

✈︎人気ブログランキングに参加しています。

応援クリックを頂けると励みになります。

 


客室乗務員ランキング